Macの古いメールが削除できないときの解決方法

Macアプリ・ソフト

「Mac の古いメールが、削除できないんだけど?」って疑問を、解決していきます。

Mac の Mail.app でメールを削除したのに、古いメールがくり返し受信されて困っていませんか?

  • メールアプリを起動
  • 自動でメールを受信
  • 読み終わったから削除
  • また同じメールが入るから困る〜!

※ メールアプリに 7 万件以上のメールが再受信!起動が、おそくなってる涙。

わたしも長年この問題に悩まされていましたが、ようやく解決できたので情報をシェアしておきます。

というわけで今回は、Mac の古いメールを削除して、繰り返し受信しなくなった方法をまとめました。

注意

まちがって、大事メールを削除しないようにしてください。大切なメールは、バックアップしてくださいね。

Mac のメールをバックアップする方法は、「Macのメールを一括でバックアップする方法」をよんでください。

解決方法①インターネットアカウントの再登録

やり方手順

STEP1:インターネットアカウントを削除する

Mac menu systemsettings

Mac メニューの  りんごマークを、クリック。

システム環境設定...を、クリックします。

Mac systemsetting internetaccount

インターネットアカウントを、クリックしてください。

左サイドバーでアカウントをクリックして、選択します。

左下のマイナスボタンをクリック。

この作業で、古いメールを受信してしまうアカウントを削除してください。

STEP2:公式サービスでメールを削除

公式のメールサービスで、受信してしまう古いメールを削除してください。

Gmail や Yahoo!メールなどのサイトをひらいて、ウェブ版で削除してください。主なやり方の公式ヘルプは、こちら↓

Mac のメールアプリだけだと、なかなか削除しきれないみたいです。長年経験して、悟りました笑。

STEP3:インターネットアカウントを再登録する

公式サービスでメールを削除したら、インターネットアカウントからもう一度メールアカウントを登録してください。

こうすることで、削除した古いメールは受信されなくなるはずです。

個人的にはこの方法で、古いメールが削除されなくなりました。

ここまでで、解決方法①インターネットアカウントの再登録の作業は完了です。

解決方法①は、インターネットアカウントの再登録でした。

いちど Mac のメールアプリからデータを削除して、ウェブ版のメールサービスからデータを削除したあとに、あらためてアカウントを登録すれば万事解決!

って感じの力技ですね笑。

おそらく解決方法①であらたにメールデータをつくったほうが、確実に古いメールを削除することができるはずです。

根本的な解決だったので、個人的におすすめです。

解決方法②「削除したメッセージを完全に消去するタイミング」を設定

やり方手順

STEP1:メールの環境設定をひらく

メールアプリのメニューバーメールを、クリックします。

環境設定を、クリック。

STEP2:メールボックスの特性を変更する

アカウントタブを、クリック。

メールボックスの特性 を、クリック。

STEP3:ルールを変更する

Macmail offmail setting

「ゴミ箱メールボックス」の削除したメッセージを完全に消去を、”メール”の終了時にかえる。

最後にあらためて、メールを削除してください。

ここまでで、作業は終了です。

解決方法②は、「削除したメッセージを完全に消去するタイミング」の変更でした。

今までどおりメールを削除したあと、消したメールは受信されなくなるはずです。

解決方法①をためしたら、解決方法②もためして、メールを削除したときのルールを変更するといいですよ。

しっかり削除しないと、またおなじようにメールがたまってしまいますからね。

メールアプリは、かならず動作状況をチェック

メールアプリの動作状況を表示させる方法

Menuwindowmail

  • メールアプリのメニューバーウインドウをクリック。
  • 動作状況をクリック
  • 「動作状況」の画面で、進捗状況をチェック
ワンポイントアドバイス

メールを削除しても、すぐにメールアプリを落としてはいけません!

メールサーバーと通信が途切れ、最後までメールを削除できなくなりますよ。

1万件ぐらいメールを削除するのに、10分以上かかるときもありました。

動作状況チェックで、しっかり確認してからメールアプリを落としましょう。

メール削除の前に、バックアップを!!

Mac oldmail delete eye

古いメールを削除するまえに、バックアップをお忘れなく!!

仕事で使っている場合など、大切なメール本文や添付ファイルを、あやまって削除してしまったら大変ですよね?

そこで Mac のメールアプリで、バックアップする方法を「Macのメールを一括でバックアップする方法」にまとめておきました。あわせて、よんでみてください。

まとめ

Macの古いメールが削除できないときの解決方法
  1. 解決方法①インターネットアカウントの再登録
  2. 解決方法②「削除したメッセージを完全に消去するタイミング」を設定

この方法をためすことで Gmail の場合は、サーバー上で「ゴミ箱」の中にメールが移動できていました。

メールが 70,000 件から 80 件まで減ったので、メールアプリの起動時間が、めちゃ速くなりましたよ。

今回の記事が、あなたの悩みを解決できていたらうれしいです。

ほかにも、Mac メールやアプリ・ソフトの情報をまとめた記事がありますので、あわせてこちらの記事もどうぞ↓

サウンドオルビス

4,904,246 views

サウンドテック・ラボ編集部兼ライター。「音楽×テクノロジー」をキーワードに、毎日記事を更新中。DTM音楽制作のハウツーや最新情報で、あなたの「やってみたい!...

プロフィール

ピックアップ記事

カテゴリ内の記事