MarsEdit4のAPIサーバーエラーの解決方法

Macアプリ・ソフト

「MarsEdit4 の API エラー解決方法を、おしえてください!」って悩みを、解決します!

MarsEdit4 で「Edit Post Error」「Refresh Blog Error」という表示がでて、びっくりした経験はありませんか?

わたしの環境でも、あなたとおなじ現象がおこってしまいました。

エラーの詳細をよんでみると、こんな感じの文章が書いてあるんですよね↓

Marsedit error api

Can’t refresh blog for test because the server reported an error: the server did not return a valid API response.
Often this is caused by the security configuration of a web server, by a faulty plugin on your blog, or by an incorrect API Endpoint URL setting in MarsEdit.

MarsEdit4 エラーメッセージより引用

the server did not return a valid API response.(サーバーが有効なAPI応答を返しませんでした。)ということなので、ブログのサーバーに問題があるようです。

エラー発生の数時間まえまで、ふつうに使えていたのに...あせった気持ちをツイートしてしまいましたよ笑↓

そこで今回は、最終的に API エラーの原因がわかり、無事に解決することができたので、解決方法をシェアさせていただきます。

この記事をよんで、便利な MarsEdit4 をちゃんと使える状態にもどしてあげましょう。

MarsEdit4 「the server did not return a valid API response」エラーの解決方法

MarsEdit4 の API エラー「the server did not return a valid API response」の解決方法は、
エックスサーバーの「ログイン試行回数制限設定」をOFFにする
ことです!!

MarsEdit4 の API エラー解決手順

MarsEdit4 API エラー解消手順
Xserver wsecu login numbers
画像:エックスサーバー の操作画面より。注釈等:サウンドテック・ラボ
  • エックスサーバーにログイン。
    WordPressセキュリティ設定をクリック
  • ログイン試行回数制限設定タブをクリック
  • 設定対象ドメインを変更して、OFFにするをクリック
  • 設定するをクリック
  • MarsEdit4 で投稿できるようになる
  • MarsEdit4 の API エラー解決手順を、サクッとまとめるとこんな感じです。

    Marsedit4 でログインし直そう

    Marsedit4 relogin editxserver

    MarsEdit4 の API エラー解決手順を試したら、MarsEdit で更新ボタンをクリックしてみましょう。

    エックスサーバーのログイン試行回数制限設定をかえるまえは、「Refresh Blog Error」となっていましたが...

    ログイン試行回数制限設定を「OFFにする」にしれば、上記写真のようにブログのログイン画面がでてきます。

    サウンドオルビス
    サウンドオルビス
    当メディアでは、せっかくなのでブログを再登録してみました。ログイン画面がでたときの安堵感が、半端なかったですよ笑

    ログインすることで、MarsEdi4 で記事を更新できますし、過去記事もダウンロードすることができるようになりますよ。

    ここで、注意があります! ※次の見出しで解説

    ログイン試行回数制限設定は、ON にできない!

    エックスサーバーの「ログイン試行回数制限設定」を、ONにするに変更すると...

    また MarsEdit4 で、記事を更新したり、過去記事をリフレッシュすることができなくなります。

    ここは注意しておかないと、なんども同じことを繰り返すことになってしまいますよ。

    エックスサーバーが強化してくださった機能なのですが、MarsEdit4 を使用するためには「OFFにする」にしておかなければいけません。

    もしかすると、エックスサーバーで MarsEdit4 をホワイトリストにいれる作業を検討すれば...と思ったのですが、とりあえず今回はここまでにして、記事を更新することにしました。

    おって情報がはいったら、追記する予定です。

    サウンドオルビス
    サウンドオルビス
    ここは苦しいところですが、トレードオフでしょうか。サポートに要望を出して、お願いするしかないのかも...汗

    どうして、解決できたの?

    Twitter で、たかはん @takahan24 さんという人が、 MarsEdit が急に使えなくなったとつぶやいていたんですよ。

    もしかして....と思って、わたしもエックスサーバーのログイン試行回数制限設定をかえてみたら、MarsEdit4 で記事を更新できるようになりました。

    ブログを運営しているサーバー情報は、ちゃんとみておかないといけませんね汗。勉強になりましたよ。

    ちなみに 2020 年 9 月 3 日に、エックスサーバーがセキュリティ教のお知らせをだしていますので、記事をよんでいるあなたもチェックしてみてください↓

    MarsEdit4 のエラーをしっかりよめば、解決策がみえてくるかも?

    Marsedit error api

    MarsEdit4 が表示してくれる提案こそ、解決への近道なのかもしれません。

    MarsEdit4 のエラー「the server did not return a valid API response」がでたときに、おなじようにエラーを解決するためのヘルプページがでてくるんですよ。

    Learn More のボタンをおすとひらくページですね。

    ちゃーんとヘルプに、サーバーだったり、プラグインだったり、原因がしっかりかかれているんdねすよね。

    今回はヘルプにもあったサーバーの問題でした。

    急がば回れ。焦らずに、じっくりヘルプをよんで問題の根本を考えることが、とても重要ですね。

    まとめ

    MarsEdit4 の API サーバーエラーの解決方法について、さくっと解説させていただきました。まとめると、こんな感じ↓

    MarsEdit4 の API エラー「the server did not return a valid API response」の解決方法

    エックスサーバーの「ログイン試行回数制限設定」をOFFにする

    MarsEdit4 API エラー解消手順
    Xserver wsecu login numbers
    画像:エックスサーバー の操作画面より。注釈等:サウンドテック・ラボ
  • エックスサーバーにログイン。
    WordPressセキュリティ設定をクリック
  • ログイン試行回数制限設定タブをクリック
  • 設定対象ドメインを変更して、OFFにするをクリック
  • 設定するをクリック
  • MarsEdit4 で投稿できるようになる
  • 注意点
    • ログイン試行回数制限設定は、ON にできない!

    しっかりヘルプをよめば、問題の解決策がみえてきますので、MarsEdit4 の提案をよみこみましょう。

    さらに、エックスサーバー以外をご利用の人は、サーバーのログインセキュリティ系をよくみて、MarsEdit4 がブログにログインできなくなっている部分を見つけてみてください。

    そんじゃあ、今回はこの辺で!? ほかにも、Mac歴10年のおすすめアプリ・ソフト を紹介している記事をご用意しました。あわせて、こちらの記事もごらんください↓

    サウンドオルビス

    3,398,428 views

    サウンドテック・ラボ編集部兼ライター。「音楽×テクノロジー」をキーワードに、毎日記事を更新中。DTM音楽制作のハウツーや最新情報で、あなたの「やってみたい!...

    プロフィール

    ピックアップ記事

    カテゴリ内の記事