MIDIキーボードの置き方は机の下がマジ流行の兆しって話

DTM

どうも。サウンドオルビス( @soundorbis )です。

とうとう MIDI キーボードを DTM 机の下にしまうためのテーブルが届きました。結論から言って、最高です。

今回はの記事は、ついついあなた MIDI キーボード机の下に興味が湧いちゃう内容となっております。どうぞ、最後までお楽しみください。

「今日からわたしは、MIDI キーボード机の下 DTMer です。」

前回までのあらすじ「机の下スタイル」のためのテーブル買った

Dtmdeskupdown1

前回。MIDI キーボードを机の下に収納するために、ベッドテーブルを購入ました。

ホワイトを買ってしまったので、完全に病室のアレで……「窓から見えるあの葉っぱが落ちた時、僕の DTMer としての寿命も終わるんだ……」と、わたしのスタジオが曇りガラスであることを忘れボケをかましつつ楽天で買いました。

フルポイントで購入したので、実質財布からお金は飛んでいっておりません。バンザイ!ポイント制度、楽天ポイント!

2018 年イマドキスタイル「DTM 机は MIDI キーボード机の下スタイル」に変えてみた

はい。ということでテーブルも届いたので、さっそく開封儀を執り行います。

今からワクワクしますね! DTM 机の下に MIDI キーボードが収納されることで、机の上が整理整頓される興奮をおわかりいただけますか? 今サウンドオルビスの顔は

(*゚∀゚)=3ハァハァ

それでは開封していきま〜す↓

テーブル開封 & 組み立て

Tablekaifuu1

ビニールを引き剥がす( ✌︎’ω’)✌︎

Tablekaifuu2

パーツはこれだけ。足を組み立てるだけだから、超簡単ですね。

Tablekaifuu3

これなら 10 分でできますよ。

Tablekaifuu4

レッツ・スタート!

Tablekaifuu6

アルミのパイプを天板に入れてから、足場を合体させる。

Tablekaifuu5

このストッパーが恐ろしく硬い。締める時に壊れそうだけど、大丈夫。ちゃんと入るから恐れず力を入れて閉めよう。締める向きに気をつけて!

Tablekaifuu6

キャスターを取り付けたら、テーブル組み立て完了です!それでは、設置してみましょう。

Midikeyireru

まさに理想のDTM机!

テーブル設置 & 完成してハッピーな男

Tablekansei1

ご覧ください。まさに理想の佇まい。極楽浄土のようにサウンドオルビスの DTM 机が幾ばくか霞が借りながら光に満ちております。

……ありがたヤァ( ;∀;)

Tablekansei2

高さも、横幅も申し分なし。専用に作られたかのようにピッタシではありませんか!? それでは MIDI キーボードを改めて設置してみましょう。

Tablekansei3

完璧。これ以上手の施しようがありません。笑

Tablekansei4

視線を下に落としてみましょう。 MIDI キーボードの厚みも、ニトリで買った DTM 机に引っかかりません。

Tablekansei6

MIDI キーボードを DTM 机の下に収納してみた。

Tablekansei7

そうそう!これ、これ。このテーブルの上にキーボードと、マウスのみが見えるこの景色を見たくて MIDI キーボード収納スタイルにしたの。

Tablekansei8

なんの意味もなくキーボードを引き出してみた。ちいさな幸せを、感じました。

Tablekansei9

弾き心地も手首が不自然な形にならないから、いい感じ。これなら長時間ピアノ弾いてても苦にならないぞ!!!

Tablekansei10

控えめにいって、最高です。

これはマジで流行の兆しかも? 2018 年の DTMer のトレンドは MIDI キーボード収納スタイルで間違いなし!

マジで流行の兆し? MIDI キーボードを机の下にかえる DTMer たち

いいですよ〜みなさん。どんどん MIDI キーボードを机の下にしちゃいましょう。これはもはやわたしが発足するしかない。

ここに宣言する!今日ここに

「#MIDI キーボード机の下推奨委員会」を発足する!

via GIPHY

まとめ

Tablekansei11

副産物的に今回買ったテーブルで、ヘッドフォンかけもできちゃった。笑

ちなみにサウンドオルビスの DTM 机 を再現するために必要なアイテムは、こちらです↓

久々にワクワクしちゃった! こんなにうまくいくなんて予想外です。巷では DTM 机なるものも販売してますが、安いパーツ組み合わせて自作するのもおもしろいですね。

 

それじゃあ、あなたの人生にドラマを!

サウンドオルビス(@soundorbis)でした。

記事へのお問い合わせ

soundorbis

298,277 views

聴く、奏でる、つくる人のための音楽メディア「soundorbis」の運営者、サウンドオルビスです。音楽・映像・文章コンテンツで、あなたがワクワクする情報を、...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

ABOUT

「サウンド」をキーワードに、イベント紹介や最新情報、商品レビュー、DTM講座、ハイテク家電の噂や小技など、ワクワクが止まらない情報を発信していきます。
soundorbis.com とは?

NEW POSTS