MIDIキーボード3選!DTM初心者におすすめの低価格【2019】

この記事のURLとタイトルをコピーする
DTM

MIDIキーボードがあると、DAWでの打ち込み作業の効率化ができます。とくに初心者のうちに、MIDIキーボードでの打ち込みに慣れておくと、音楽制作の幅がひろがるため、早いうちに買っておくことをおすすめします。

ですが!MIDIキーボードって、各メーカーからたくさん販売されており、どれを買ったらいいのか...正直わからないですよね。

というわけで今回は、DTM歴10年以上のサウンドオルビス(@soundorbis)が、初心者のころに買っておけばよかったと後悔した 2019 年に DTM 初心者におすすめの MIDI キーボードを選んでみました。

なるべく低価格で、長く使えるものをチョイスしてみました。参考にしてみてください!!

DTM初心者におすすめのMIDIキーボード3選

DTM初心者におすすめのMIDIキーボードは、こちらです↓

  • KORG microKEY2
  • M-Audio Keystation49 III
  • KORG nanoKEY Studio

「KORG microKEY2」は、格安の MIDI キーボードとしてすでにかなり知名度がある商品です。ミニ鍵盤とはいえ、弾き心地を犠牲にせずコンパクトにまとめられた1品です。

「M-Audio Keystation49 MK3」は、49鍵盤というバランスのとれた最適解の MIDI キーボードです。付属する音源も豪華かつ、コストパフォーマンスが高い1品です。

「KORG nanoKEY Studio」は、25鍵盤+ワイヤレス+MIDIコントローラー機能のついたスゴイやつなんです。わたしも持っていますが、iOSデバイスで作曲する方は持ってて損をしない1品です。

それでは、1つずつみていきましょう!

KORG - microKEY2

シンプルなポータブルMIDIキーボード
スペック早見表(メーカーサイト)
鍵盤サイズ25鍵盤・ナチュラル・タッチ・ミニ・キーボード
コントローラージョイスティック、アルペジエーター・ボタン、サスティン / タップ・ボタン、オクターブ・シフト・ボタン
接続-
寸法301mm x 120mm x 40mm。重量:650g
対応デバイスMicrosoft Windows 7 SP1以降 (32bit / 64bit)・10.8 Mountain Lion以降・iOS8以降
microKEY2 シリーズのポイント
「とにかく、安い MIDI キーボードがほしい!」というあなたは、間違いなくコレがおすすめです。格安の25鍵盤、これ以上安いものはない!といっても過言ではありません。演奏のためのキーボードではないため、タッチ感は期待せずに買うのが吉でしょう。ただ MIDI 入力が目的なので、これほどシンプルに機能がまとまっていることに賞賛の嵐が吹き荒れるはずです。DTM で打ち込みをやってみたい!という方は、試しに買う1台としておすすめですね。

【関連】MIDIキーボード25鍵盤まとめ。モバイルDTMer必見

M-Audio - Keystation49 MK3

ポータブルなUSBキーボード・コンtのローラー
スペック早見表(メーカーサイト)
鍵盤サイズ49鍵、ベロシティー対応、キーボード
コントローラートランスポート・ボタン、方向キー、ボリューム・フェーダー、ピッチ/モジュレーション・ホイール...。
接続USB-MIDI接続, バスパワー
寸法(W x H x D):約822 x 68 x 189mm。重量:約2.14kg
対応デバイスWindows / Mac / iOS(Apple カメラコネクションキット(別売)経由)
Keystation49 MK3 シリーズのポイント
これ、本気で悩みながら選んでみました。Alesis V49と迷いましたが...。業界の基準となるローランドの A-49 と比較すると、倍ぐらい価格が変わりますからね。ちなみに Keystation シリーズは、宇多田ヒカルさんも使っていたこともあり、個人的に信頼を寄せているシリーズでもあります。だから、初心者にもおすすめしやすいと思うんですよね!!

【関連】MIDIキーボード49鍵まとめ!コスパのいい最適解

KORG - nanoKEY Studio

モバイルDTM決定版ワイヤレスMIDIキーボード
スペック早見表(メーカーサイト)
鍵盤サイズ光るキー25鍵バックライト搭載キーボード
コントローラー25鍵ベロシティ対応キーボード (ベロシティ・カーブ4種類)、トリガー・パッド x 8 (ベロシティ対応、ベロシティ・カーブ4種類)、ノブ x 8、X-Yパッド、Octave + / -ボタン、Sustainボタン、Touch Scaleボタン、X-Yボタン、Pitch / Modボタン、Sceneボタン、Shift / Tapボタン、Arpボタン、Chord Padボタン、Easy Scaleボタン、Scale Guideボタン...。
接続USB 端子 (micro B type), Bluetooth Low Energy, USBバス電源方式 または 単 4 形電池 2 本 (アルカリ乾電池 または ニッケル水素電池)
寸法(W x H x D):278 x 160 x 33 mm (本体のみ)。重量:471 g (電池含まず)
対応デバイスWindows / Mac / iOS
Keystation49 MK3 シリーズのポイント
わたしも使っており、初心者のこところに買っておけばよかったと激しく後悔した1品です。とくに、モバイル DTM 系の作曲家と親和性が高いんですよ。外に持ち出せるし、ワイヤレスで GarageBand iOS とも接続できるので、音楽制作の幅をぐっと広げてくれるんです。Mac や Windows とつないで、コントローラーやパッドで、音楽制作の追い込みにもシームレスに移行できるんです。価格が安いので、ありがたい。弱点もあって、プラスチック感が強くて、キーのタッチはパソコンのキーボードでタイピングする感覚に近いです。ただこれも慣れなので、むしろ最近は弾きやすささえ覚えています。笑上記の2つよりはおすすめ度は下がりますが、次世代型のミュージシャンを目指すならぜひ手にとってほしい MIDI キーボードですね。

【関連】MIDIキーボード49鍵まとめ!コスパのいい最適解

DTM初心者は、25・49鍵盤がおすすめだと思うって話

DTM初心者なら MIDI キーボードの鍵盤数は、25・49鍵盤がいちばんおすすめだと思います。

  • 25鍵:モバイル性とコスパがいい
  • 37鍵:持ち運べる許容サイズ
  • 49鍵:バランスのいい最適解
  • 61鍵:初心者のうちはこれ以上上は、必要ない
  • 76鍵:ニッチな分類なので数も少なく、高い
  • 88鍵:はじめて買うには価格が高い

っとまぁ、こんな感じの印象を、DTM 歴 10 年以上の専門家は考えるわけですよ。

もちろん、音楽経験があったり、すでにピアノの演奏ができる場合など、さまざまな要素によってこの「おすすめ」って話も、変わってきてしまいます。

これから DTM に挑戦するまっさらな「あなた」にむけて書いてみましたので、この記事を参考程度に見ていただけたら幸いです。

選びながら、頭がパンクするかと思った...汗

まとめ

DTM初心者におすすめの MIDI キーボードを、むちゃくちゃ悩みぬいた末に3つ選んでみました。

とくに低価格帯を意識しならがらも、使えるものを選ぼうと思うと...ほんと冷や汗かきながら悩んでしまいました。汗

DTM専門家のわたしですら、これだけ悩むんですから...これから DTM をやろうとして、MIDI キーボードをえらんでいるあなたは、もっと悩んでいるはずです。

参考程度にしかなりませんが、今回の記事の内容が、あなたの MIDI キーボード選びを手助けできていたら幸いです。

そのほか、MIDI キーボードのおすすめについてまとめた記事&あなたにぴったりの MIDI キーボードを探してくれるツールは、こちらをどうぞ↓

【関連】MIDIキーボードのおすすめは?DTM専門家の提案ツール【2020】

関連する記事

この記事のURLとタイトルをコピーする
記事へのお問い合わせ

サウンドオルビス

2,026,374 views

「音楽」と「テクノロジー」をキーワードに、あなたの「やってみたい!」悩みを解決するために、情報発信しています。

プロフィール

あわせて、こちらもどうぞ!