マインクラフトの配布ワールドを、マルチプレイする方法

マインクラフト

マインクラフトの配布ワールドを、マルチプレイする方法を、最速で解説します。

マイクラの世界をもっとたのしくさせる配布ワールドを、友達といっしょにプレイできたら楽しそうですよね?マルチプレイの場合は、サーバーの設定をかえる必要があるのでしっかりフォローしていきますね。

というわけで今回は、マインクラフトの配布ワールドを、マルチプレイする方法を3ステップで最速解説していきますよ。

マインクラフトの配布ワールドを、マルチプレイする方法【3ステップ】

3ステップの流れ
  • 【ステップ1】配布ワールドを準備する
  • 【ステップ2】ポート開放をする
  • 【ステップ3】配布ワールドをマルチプレイする

マインクラフトの配布ワールドを、マルチプレイする方法を、解説していきます。

初心者でもわかりやすく、3ステップで説明します。1つずつ順番にやっていけば、オッケーですよ。それでは、いってみよ〜!

今回入れる配布ワールドのあなたのマルチ環境
今回入れる配布ワールドの友達のマルチ環境

【ステップ1】配布ワールドを準備する

ステップ1でやること
  • 配布ワールドを、シングルプレイであそぶく
  • サーバープログラムをダウンロードする
  • マルチサーバーを立ち上げる
  • マルチサーバーの「world」に、配布ワールドのデータを移動する
  • マルチサーバーの設定を変更する
  • 配布ワールドで、マルチサーバーの新規ワールドを作る

ステップ1は、配布ワールドを準備していきます。

今回は、1ブロックからはじまるマインクラフトの配布ワールド「Captive Minecraft」を例に、マルチプレイでの導入方法を説明していきますよ。

配布ワールドをシングルプレイであそぶ

配布ワールド「Captive Minecraft」を、まずはシングルプレイできるようになっておきましょう。

マインクラフト(JAVA 版)で配布ワールドを導入する方法は、別記事にまとめてあります。それでは、いってらっしゃ〜い↓

【記事】【マインクラフト(JAVA)】配布ワールドの入れ方【解説】

サーバープログラムをダウンロードする

Minecraft java open2

マインクラフト(JAVA)を起動してください。

Minecraft java lancher kidoukousei

マインクラフトランチャーが起動したら、「起動構成」をクリックします。

Captive editclick

「Captive Minecraft」にマウスカーソルをあわせて、 三点リーダーをクリック。

つづけて、編集 をクリックしてください。

Captive server dl click

「起動構成の編集」がひらいたら、バージョンのよこにあるサーバー をクリックしてください。

インターネットをみるブラウザをとおして、サーバープログラムのダウンロードがはじまります。

マインクラフトは、起動構成の編集のままでオッケーですよ。そのまま、進めていきましょう。

Server jar allow

保存していいか確認されたら、安全なので保存 をクリックしましょう。

Dl folder serverjar

Windows のダウンロードフォルダに、「server.jar」がはいっていたら、オッケーです。

それでは、デスクトップにサーバーデータをいれる、わかりやすい新規フォルダを作成しておきましょう↓

Captive server folder

  • デスクトップ上で右クリック
  • 表示されたメニューの「新規作成」にカーソルをあわせる
  • でてきた「フォルダー」をクリック
  • フォルダの名前を「captive server」にする
  • 新規フォルダのできあがり

今回は、captive server にしてみました。

Captive server move

こんな感じで、「server.jar」ファイルを、「captive server」フォルダに移動できたらオッケーですよ。

ここまでの作業で、「サーバープログラムをダウンロードする」作業は完了です。

マルチサーバーを立ち上げる

サーバープログラムをダウンロードしたら、マルチサーバーを準備していきましょう。

「captive server」フォルダの server.jar を、ダブルクリックしてください。

サーバーを立てるために必要なファイルが、3つ自動で生成されます。

Captive eulatxt01

そのなかにあるeula.txt をダブルクリックして、メモ帳でひらいてください。

Captive eulatxt03

文章のさいごにある「false」を、true に書き換えましょう。

書き換えたら、メモ帳をCntrlS で上書き保存してください。

eula.txt とは?

マインクラフトのマルチサーバーを立てる時の利用規約ですね。「false=同意しない」「true=同意する」なので、おぼえておきましょう。

「true=同意」にしないと、マルチプレイできないので必須の項目になります。

Captive server dclick

メモ帳をとじたら、あらためてserver.jar を、ダブルクリックしてください。

Captive server open01

あらたに6つのファイルが、自動で生成されました。

っと同時に、Java のサーバーが立ち上がりますよ。パーセントがすすんで、「Done」と表示されたら、マルチサーバーの準備は完了です。

Captive server stop

それではいちど、Java サーバーに stop と打ち込んで、エンターキーをおしてください。これで、サーバーが停止しますよ。

ここまでで、「マルチサーバーを準備する」作業は完了です。

.jar ファイルが開けないときは?

Java windows dl

.jar ファイルがひらけないときは、あなたのパソコンに Java がインストールされていない可能性があります。無料で使用できますので、下記のリンクから Java アプリをインストールしてみましょう↓

【公式】Download Java for Mac OS X

Java アプリをつかってマルチサーバーをつくるので、必須アイテムですので...お忘れなく!!

マルチサーバーの「world」に、配布ワールドのデータを移動する

Captive world move01

マルチサーバーの「world」に、配布ワールドのデータを移動していきましょう。

「Captive World」フォルダにある、「world」というフォルダをみつけてください。

Captive world move02

「world」フォルダを、デスクトップにドラッグ&ドロップして、移動してください。

「world」フォルダがなくなってしまった、「Captive server」のフォルダに、配布ワールドのデータを移動していきましょう↓

それでは配布ワールド「Captive Minecraft」のワールドデータを、ひらいてください。

配布ワールドのデータを、削除してしまった人はあらためて下記のリンクからダウンロードすればオッケーですよ↓

【配布ワールドのダウンロード】
Captive Minecraft I — The Farlanders

配布ワールド「Captive+Minecraft+I+1.0.5」フォルダを、ダブルクリックしてひらいてください。

Windows のひとは、「Captive Minecraft | Install Files」をダブルクリックして、ひらきます。

配布ワールドのデータが、でてきました。

「Captive Minecraft」フォルダを、マルチサーバーの「captive server」フォルダに移動していきましょう。

Captive world move03

「Captive Minecraft」を、「captive server」フォルダに移動してコピーしましょう。

Captive world move04

こんな感じで、サーバーフォルダに「Captive Minecraft」がはいっていたら、オッケーです。

Captive world move05

仕上げに、「Captive Minecraft」のフォルダ名を変更します。

これをしないと、サーバープログラムが、正しく配布ワールドのデータを読み取ってくれないので、重要な作業ですよ。

Captive world move06

「Captive Minecraft」フォルダの名前を、world に変更してください。

ここまでの作業で、配布ワールド「Captive Minecraft」のデータを、マルチサーバーのワールドデータに導入することができました。

このまま遊ぼうとすると、不具合が発生します。なので、サーバーの設定を変更していきましょう。

マルチサーバーの設定を変更する

Server properties01

マルチサーバーの設定を変更していきましょう。

server.properties を、ダブルクリックしてメモ帳を開いてください。

もともとの設定だと、こんな感じになっています↓

server.properties のデフォルト設定

#Minecraft server properties
#Fri Oct 02 12:45:08 JST 2020
max-tick-time=60000
generator-settings=
allow-nether=true
force-gamemode=false
gamemode=0
enable-query=false
player-idle-timeout=0
difficulty=1
spawn-monsters=true
op-permission-level=4
pvp=true
snooper-enabled=true
level-type=DEFAULT
hardcore=false
enable-command-block=false
max-players=20
network-compression-threshold=256
resource-pack-sha1=
max-world-size=29999984
server-port=25565
server-ip=
spawn-npcs=true
allow-flight=false
level-name=world
view-distance=10
resource-pack=
spawn-animals=true
white-list=false
generate-structures=true
online-mode=true
max-build-height=256
level-seed=
prevent-proxy-connections=false
motd=A Minecraft Server
enable-rcon=false

友達とマルチプレイするためには、基本的に赤い文字のところと、一番下の行にコードを追加する必要がありました。

変更を加える部分

(編集)enable-command-block=true

(追加)spawn-protection=0

「Captive World」や「スカイブロック」では、この設定をしないと遊べなかったため、ご紹介いたします。

配布ワールドによって、この設定を変更しないほうがいいこともあります。もしも、マルチサーバーで遊んでいるのに、ブロックが壊せない・削れないといった症状の場合にお試しください。

配布ワールドを遊ぶために変更した設定

#Minecraft server properties
#Fri Oct 02 12:45:08 JST 2020
max-tick-time=60000
generator-settings=
allow-nether=true
force-gamemode=false
gamemode=0
enable-query=false
player-idle-timeout=0
difficulty=1
spawn-monsters=true
op-permission-level=4
pvp=true
snooper-enabled=true
level-type=DEFAULT
hardcore=false
enable-command-block=true
max-players=20
network-compression-threshold=256
resource-pack-sha1=
max-world-size=29999984
server-port=25565
server-ip=
spawn-npcs=true
allow-flight=false
level-name=world
view-distance=10
resource-pack=
spawn-animals=true
white-list=false
generate-structures=true
online-mode=true
max-build-height=256
level-seed=
prevent-proxy-connections=false
motd=A Minecraft Server
enable-rcon=false
spawn-protection=0

「enable-command-block=true」は、コマンドブロックがつかえるようになる設定です。「Captive minecraft」のマルチサーバーだと、この設定が「false」だと、実績を解除しても範囲が広がらない問題が発生したので、「true」に変更しました。

「spawn-protection=0」は、リスポーン地点の1マスだけブロックを保護するサーバー設定です。デフォルトだと 16 に設定されているようです。そのため、設定を加えないと、マルチサーバーに入ってきた友達が、ブロックを削れない現象がおこりました。スタートが狭い範囲からはじまる配布ワールドの場合は、ゲームが進まないので、設定を変更しました。

Server properties02

画像だと、設定の見た目はこんな感じですね。「server.properties」の修正がおわったら、CtrlSをクリックして、上書き保存してください。

右上のバツボタンをクリックして、メモ帳は閉じてください。

Aratamete server tatiage

あらためて、「captive server」フォルダのserver.jar をダブルクリックしてください。

配布ワールドを遊ぶためのマルチサーバーが、Java で立ち上がったら、オッケーです。

ここまでで、「マルチサーバーの設定を変更する」は完了です。

サーバーの設定ファイルについて、もっと詳しく知りたい人は「minecraft.server-memo.net」様がとてもみやすいので、チェックしてみましょう↓

【参考】サーバ設定ファイル(server.properties) | minecraft.server-memo.net

配布ワールドで、マルチサーバーの新規ワールドを作る

Captive server kidoukousei save

マインクラフトの「起動構成の編集」画面で、保存 をクリックしてください。

Captive world play

ランチャー画面にもどったら、「Captive World」にマウスカーソルをあわせて、プレイ をクリックします。

Minecraft 1 11 2 multiplay click

マインクラフトのタイトル画面がでたら、マルチプレイ をクリックしてください。

Minecraft 1 11 2 server add

「マルチプレイで遊ぶ」画面がでたら、サーバーを追加 をクリックします。

Minecraft 1 11 2 server add2

サーバー情報の編集
  • サーバー名:Captive サーバー
  • サーバーアドレス:localhost
  • サーバーリソースパック:毎回確認

サーバー情報の編集の設定がすんだら、完了 をクリックしてください。

Minecraft 1 11 2 server connect

マルチプレイで遊ぶ画面にもどってきたら、「Captive サーバー」をクリックしてください。

つづけて、サーバーに接続をクリックしましょう。

Captive multi single multiin

配布ワールドのマルチサーバーに、ログインすることができましたね。ブロックが削れるか、配布ワールドのシステムが動くのか、まずはひとりでプレイしてみて確認しましょう。

あとは、ポート開放をして、友達を配布ワールドサーバーに招待するだけですよ。ステップ2・3もはりきっていきましょう〜!

ここまでで、ステップ1「配布ワールドを準備する」の作業はおわりです。

【ステップ2】ポート開放をする

ステップ2でやること
  1. 2重ルーターの確認&解消
  2. IP アドレスの固定
  3. 無料ソフトまたは、ルーターででポート開放
  4. チェックツールで、ポート開放をチェック

ステップ2は、ポート開放をしていきます。

ポート開放は、マインクラフトのマルチプレイにおける鬼門となっております。できない理由は様々ですが...当メディアでおすすめのポート開放の手順を、ご紹介させていただいております。

100% 保証はできませんが、過去の筆者と同じようにポート開放できないと悩む人を、ひとりでも救うことができたらうれしいです。

それでは、順番にやってみましょう〜!

1.2重ルーターの確認&解消

まずは、2重ルーターの確認&解消をしてください。とくにインターネットを、Wi-Fi で接続している人は注意ですよ。

無線 LAN ルーターと、ゲートウェイルーターが、同じ家のなかにあると不具合がおきます。たとえば、ポート開放をしても...友達から送られてくるマインクラフトのデータを、あなたのパソコンまで届けることができなくなるんです。

安心してください。解決方法は、むずかしくありません。詳しいやり方は「簡単!2重ルーターを確認する方法【まとめ】」にまとめておきましたので、トライしてみましょう↓

2.IP アドレスの固定

2重ルーターの確認&解消ができたら、IP アドレスを固定しましょう。ルーターによっては、ポート開放の設定を適用するたびに IP アドレスがかわるタイプがあります。そうなると、ポート開放できなくなるんですよ。

IP アドレスのやり方は、2重ルーターの解消よりずっと楽勝です!やり方は「IPアドレス固定のやり方!Windows10で最速解説」にまとめましたので、挑戦してみてくださいね↓

3.無料ソフトまたは、ルーターででポート開放

2重ルーターの解消、IP アドレスの固定がおわったら、いよいよポート開放してみましょう。ポート開放の設定は、環境によって呼び方ややり方が、ぜんぜん違います。「ポート転送」「ポートマッピング機能」などという名称のときもあります。

それぞれの環境によって、やり方がかわらない方法は、無料の Windows ソフトを使用することです。たとえば、「開放くん」がポート開放アプリの代表例になります。使い方をまとめた記事がありますので、あわせてごらんください↓

【使い方の記事】開放くんでマイクラのポート開放する使い方を、徹底解説!

ポート開放アプリで、どうしてもポート開放できないときは、ご利用のルーターで設定を検討するしかありません。参考になると思い、わたしが au ひかりでつかっている「Aterm BL900HWでマイクラのポート開放する方法」を記事にさせていただいております。

【ポート開放のやり方記事】Aterm BL900HWでマイクラのポート開放する方法

さらに、マインクラフトで、マルチプレイするやり方【3ステップ】の記事では、バニラのマインクラフトをマルチプレイする方法を説明しています。そのポート開放の見出しで、各社のポート開放についてのリンクも掲載しておりますので、あわせて参考にしてみてください。

4.チェックツールで、ポート開放をチェック

ポート開放チェックツールの使い方

  • ポートチェック【外部からポート開放確認】にアクセス
  • ホスト名またはグローバルIPアドレス:現在のIPアドレスをクリック
  • チェックポート番号:25565
  • 無料でご利用いただけますが〜:チェックを入れる
  • Portチェック実行 を、クリック

ポート開放の設定がすんだら、チェックツールでポート開放できているかチェックしてみましょう。上記のやり方を参考に、チェックしてみてください。

もちろん無料で使えますので、ご安心ください。感謝の気持ちをもって、Portチェック実行ボタンをクリックしましょう。

チェックツールの結果が、「ポート:25565 にアクセスできました」と表示されたらオッケーです。ポート開放が、できている証拠ですよ。

あとは、友達があなたのグローバル IP アドレスにアクセスして、配布ワールドのマルチサーバーに入ることができれば、いっしょに遊ぶことができますよ!ゴールまでもうすこし。

ここまでで、ステップ2「ポート開放をする」の作業は、おわりです。

【ステップ3】配布ワールドをマルチプレイする

ステップ3でやること
  1. あなた:グローバルIPアドレスを、友達に伝える
  2. 友達:配布ワールドに対応したマインクラフトのバージョンを準備する
  3. 友達;マルチプレイサーバーに接続する

ステップ3は、配布ワールドを実際にマルチプレイしていきましょう!

あなたはすでに、Java でマルチサーバーを立ち上げて、マインクラフトで配布ワールドのワールドに入っているはずですよね?

Captive multi single multiin

ステップ3では、友達にやってもらうことがメインになっています。

グローバル IP アドレスを伝えたら、ここまで頑張ったあなたは、すこし休憩ですよ笑!

それでは、いってみよ〜!

1.あなた:グローバルIPアドレスを、友達に伝える

グローバル IP アドレスの確認方法

  1. アクセス情報【使用中のIPアドレス確認】にアクセス
  2. 「あなたの利用しているIPアドレス」をみる
  3. グローバルIP の数字をコピーしたら、チェック終了です!

それでは、グローバル IP アドレスを友達に伝えましょう。グローバル IP アドレスの確認方法を参考に、あなたの「グローバルIP」を調べてください。

このグローバル IP アドレスは、あなたのネット上の住所になります。なので、親しい人にだけ伝えるようにしてくださいね。

グローバル IP アドレスの数字を友達に伝えたら、「あなた:グローバルIPアドレスを、友達に伝える」でやることは、完了です。

2.友達:配布ワールドに対応したマインクラフトのバージョンを準備する

配布ワールドに対応した、マインクラフトのバージョンを準備してもらいましょう。ここは友達がやることですよ。

配布ワールドごとに、遊べるマインクラフトのバージョンの指定があります。

たとえば今回使用している「Captive Minecraft」では、マインクラフト「バージョン 1.11.2」を使用する必要があります。

Minecraft java open2

マインクラフト(JAVA) を、起動してください。

Modserver mine lancher kidoukousei

マインクラフトのランチャーがひらいたら、起動構成 をクリックします。

Kidoukousei 1 11 12

友達の「起動構成の作成」の設定例
  • 名前:Captive World
  • バージョン:release 1.1.2
  • ゲームディレクトリ:変更なし
  • 解像度:オートのまま

「起動構成の作成」の設定がおわったら、右下の作成 をクリックしましょう。

Captive world play

起動構成の画面にもどったら、「Captive World」にマウスカーソルをあわせて、プレイ をクリックします。

ここまでで、「.友達:配布ワールドに対応したマインクラフトのバージョンを準備する」は完了です。

3.友達;マルチプレイサーバーに接続する

Minecraft 1 11 2 multiplay click

それでは、あなたのグローバル IP アドレスをつかって、友達にマルチプレイサーバーに接続してもらいましょう。

マインクラフトのタイトル画面がでたら、マルチプレイ をクリックしてもらってください。

Minecraft 1 11 2 server add

「マルチプレイで遊ぶ」画面がでたら、サーバーを追加 をクリック。

Minecraft 1 11 2 server friends

サーバー情報の編集
  • サーバー名:Captive サーバー
  • サーバーアドレス:グローバル IP アドレス
  • サーバーリソースパック:毎回確認

サーバー情報の編集の設定がすんだら、完了 をクリックしてもらいましょう。

Minecraft 1 11 2 server connect

マルチプレイで遊ぶ画面にもどってきたら、「Captive サーバー」をクリック。

さいごに、サーバーに接続をクリック。

すると...

Haifuworld captive multi playwithfriends

こんな感じで、あなたが立ち上げた配布ワールドのマルチサーバーに、友達が接続できるようになります。

実際に検証してみたところ、友達は配布ワールドを入れる必要がないみたいです。なので、サクッと友達を誘えるので、いいですよね。

ここまでで、ここまでで、「友達;マルチプレイサーバーに接続する」でやること、およびマインクラフトの配布ワールドを、マルチプレイする方法のすべての解説をおわります。

配布ワールドのマルチプレイがおわったら、やること

マルチプレイがおわったら、やること
  1. 自分と友達のマインクラフトを、終了する
  2. ポートを閉じる やり方→開放くんの場合ルーターの場合
  3. ポート開放チェックツール にアクセスして、ポートが閉じたのを確認
  4. Java サーバーを、「stop」で停止する

さいごに、マインクラフトの配布ワールドマルチプレイがおわったら、やることを確認しておきましょう。

上記のやることリストの順でおこなうことで、サーバーのワールドデータを正しく保存できます。さらに、ポートをしっかり閉じることで、セキュリティ面も安心できます。

しっかりサーバーを停止までできれば、完璧です。おつかれさまでした。

まとめ

マインクラフトの配布ワールドを、マルチプレイする方法3ステップまとめ

やり方を理解したら、ステップ1から挑戦してみましょう。上記の各リンクをクリックすると、記事の上まで移動できます。ご利用ください。

マインクラフトの配布ワールドを、マルチプレイする方法を、最速の3ステップで解説させていただきました。

配布ワールドのマルチサーバーのワールドデータを入れ替えればオッケーなので、MOD のマルチプレイのやり方よりも簡単でしたね。

それじゃあ、今回はこの辺で!? そのほか、マインクラフト(JAVA)の遊び方についてまとめた記事「マインクラフト(JAVA版)の遊び方まとめ|今すぐできる!!」がありますので、マイクラに興味のある方はチェックしてみてください↓

サウンドオルビス

3,506,928 views

サウンドテック・ラボ編集部兼ライター。「音楽×テクノロジー」をキーワードに、毎日記事を更新中。DTM音楽制作のハウツーや最新情報で、あなたの「やってみたい!...

プロフィール

ピックアップ記事

カテゴリ内の記事