オーディオインターフェイス内蔵ミキサー【まとめ】

この記事のURLとタイトルをコピーする
オーディオインターフェイス

ミキサーとオーディオインターフェイスが、一体化した機材があれば、省スペース&効率的ですよね?

バンドや楽団のレコーディングでも、自宅での音楽制作にもつかえるので、目的によってはかなり便利になりますよね。

というわけで今回は、オーディオインターフェイスが内蔵されたミキサーについて、まとめてみました。

オーディオインターフェイス内蔵ミキサー【まとめ】

オーディオインターフェイス内蔵のミキサーを、まとめていきます。

オーディオインターフェイス単体と同じというわけにはいきませんが、対談収録やセッションなど使用目的によっては、十分選択肢にはいると思います。

どのようなオーディオニンターフェイス内蔵ミキサーがあるのか、ひとつずつみてみましょう。

CLASSIC PRO(クラシックプロ ) - MX-EZ6

モバイル可能な低価格シンプルミキサー
スペック早見表(メーカーサイト)
入出力モノラル入力:2Mic/line・ライン入力:ステレオライン入力x2 / ヘッドホンアウト装備・RCA入出力
接続USB端子装備:2in/2out (USB入力はダイレクトにメイン/USB出力にミックスされます)
ファンタム電源あり
MIDI端子・接続なし
寸法220x210x68mm。0.98kg
対応デバイス-
動画でチェック
MX-EZ6 のポイント
とにかく小型で、モバイルできるミキサーといえば「MX-EZ6」って感じがしますね。MIDIはありませんが、ファンタム電源があるのでコンデさーマイクも接続可能です。USB入力は、ダイレクトにメイン/USB出力にミックスされるようです。アナログな感じでコンパクトCDデッキをつかって、ラジオ番組制作できそう!?

MACKIE(マッキー)- ProFX6v3

ProFXv3 シリーズレコーディングインターフェイス付きミキサー
スペック早見表(メーカーサイト)
入出力ライン入力6・マイク入力2 /
コンバーター24bit・192kHz
接続USB 2.0
ファンタム電源あり
MIDI端子・接続-
バンドルソフトPRO TOOLS | FIRST DAW・MUSICIAN COLLECTION・WAVEFORM OEM™ DAW・DAW ESSENTIALS COLLECTION
寸法高さx幅x奥行き:109mmx240mmx434mm。重量:6.9kg
対応デバイス-
公式動画をチェック
ProFX6v3 のポイント
ライブミックス、ホームレコーディング、コンテンツ制作、いろいろな用途に対応できるアナログミキサー「ProFX6v3」。マニュアルにシーンごとのサウンドシステムの組み方が掲載されていますので、必要なシステムを組めるのか検討の際は確認するようにしましょう → ProFXv3シリーズオーナーズマニュアル。「ProFXv3 シリーズ」には、ProFX10v3・ProFX12v3・ProFX22v3・ProFX30v3 にもありますので、チェックしてみてください。ProFXv2シリーズには、「USBオーディオインターフェース機能も搭載した」と公式ページにあるのでそっちもチェックしてみましょう→ProFXv2|Digital Recording|Mackie Japan

Soundcraft - Notepad-5

USB I / Oを備えた小型のアナログミキシングコンソール
スペック早見表(メーカーサイト)
入出力メーカーサイト参照
コンバーター-bit・48kHz
接続USB 2.0
ファンタム電源あり
MIDI端子・接続-
寸法-
対応デバイスPC・Mac
動画でチェック
Notepad-5 のポイント
Mac・PC とシームレスに連携してくれるオーディオインターフェイス内蔵のミキサーです。レビューなどをみていると、がっつりオーディオインターフェイスとして使うにはドライバーのソフト知識が必要そうですね。オーディオインターフェイスと、ミキサーをひとつにして、効率的にするためには、ある程度のできないことなどを頭にいれてから検討するようにしたほうがよさそうです。

オーディオインターフェイスと、ミキサーの違いは?

オーディオインターフェイスとミキサーは、「音のアナログ/デジタル信号の変換器」なのか、「音を混ぜる音響機材」なのかという違いがあります。

オーディオインターフェイスとミキサーの働きは、まったく別物なのですが...わたしもはっきりと、「これが違う!」と断言できなかったので、調べてみました!

厳密にいうと、異なっているかもしれません。現段階での理解したところまで、いっしょに勉強していきましょう!

オーディオインターフェイスとは?

Whatis audiointerface01

オーディオインターフェイスとは、音のアナログ/デジタル信号を変換する音楽機材のことです。

オーディオインターフェイスについてざっくり調べて、個人的に表現するとこんな感じでした。

いちばんわかりやすいのは、オーディオインターフェイスの取扱説明書にかいてあったりします。たとえば、Native Instruments さんをごらんください↓

TRAKTOR AUDIO 6 はコンピュータ、外部機器のオーディオ出入力をアナログ、デジタルの両方で処理するサウンドカードです。

出典:TRAKTOR AUDIO 6 オペレーション マニュアル 5 ハードウェアについてより引用

いいかえると、デジタルなコンピューターとアナログな楽器の音を、やりとりできるようにする機材ってことですね。

DTM におけるレコーディングや、音のモニタリングでは常に以下のやりとりをしています↓

  • アナログ(楽器) → デジタル(コンピューター)
  • デジタル(コンピューター) → アナログ(スピーカー)
あれ?パソコンのスピーカーが鳴るってことは、オーディオインターフェイスじゃないの?
管理人
管理人
って思った方、正解です。

ただパソコンに付属しているデジタルをアナログに変換するパーツは、DTM にむいていないため、レコーディングやモニタリングに遅延が発生してしまうんです。

だから、DTM 専用の変換器として「オーディオインターフェイス」が、必要になるってことなんですね。

ミキサーとは?

Whatis mixer

ミキサーとは、「・音をまぜる・音をきりかえ・音をまとめる」役割の音響機材です。

マイク・ギター・ベース・ドラム・シンセなどの楽器だけではなく、テレビの音、DJ機材、スマホ、サンプラーなど。入力端子があえば、ミキサーにおくることができます。

オーディオインターフェイスを理解したうえでみると、ミキサーはアナログな音の入出力を、そのまままとめる機材なんだなってことがわかります。

ただ最近は、デジタルミキサーというのもあるらしく...この辺が違いを理解するのに、ややこしくなるところです。

文章化するために、知識をまとめておりますので、ここまでの内容はあくまでも参考程度に読んでいただけましたらさいわいです。

あとがき

オーディオインターフェイスが内蔵されているミキサーを、まとめさせていただきました。

わたしもまだ知識不足なところがありますので、ミキサータイプのオーディオインターフェイスについて勉強しております。

不明な点など解消しながら、学んだことをこの記事に忘備録的にまとめていきますので、よろしくお願いいたします。

知識がまとまりしだい、追記していきますよ〜!

そのほか、オーディオインターフェイスについては、こちらの関連記事をどうぞ↓

【関連】オーディオインターフェイスおすすめ!超絶まとめ【2020年】

関連する記事

この記事のURLとタイトルをコピーする
記事へのお問い合わせ