ELECOM FITTIO MP-116(High)レビュー!!クセになるマウスパット

  • HOME
  • マウス
  • ELECOM FITTIO MP-116(High)レビュー!!クセになるマウスパット
マウス

ELECOM(エレコム)の FITTIO MP-116(High)って、実際の使用感はどんな感じなの?って疑問を、解決していきます。

マウスパッドとリストレストが一体型になっていて、ばっちり手首の疲労軽減をしてくれるらしいけれど...実際に使ってみるとどうなるのか気になりますよね?

この記事でわかること
  • ELECOM FITTIO MP-116(High)の使ってみたレビュー
  • ELECOM FITTIO MP-116(High)と、マウスセンサーとの相性
  • ELECOM FITTIO MP-116(High)の疑問を、質問形式で解決
  • ELECOM FITTIO MP-116の High と Low の違い
  • ...など。

ELECOM FITTIO MP-116(High)を買うべきか迷っているなら、わたしにおまかせください。どんな使用感なのか、各種レビューポイントごとに詳細に解説しています。だから、きっとあなたの疑問も解消されるはず!!

といわけで今回は、ELECOM FITTIO MP-116(High)について、レビューしていきます。

ELECOMの疲労軽減マウスパッド「FITTIO MP-116(High)」を、徹底レビュー

ELECOM(エレコム)さんの FITTIO MP-116(High)について、レビューしていきます。

エレコムさんの製品ページでは、「疲労軽減マウスパッド「FITTIO」(High)」という商品名になっていますね。型番が、「MP-116」です。今回わたしが買ったのは、カラーがブラックの「MP-116BK」ですよ。

【公式】疲労軽減マウスパッド「FITTIO」(High) - MP-116BK

それでは、「デザイン・触り心地・疲労軽減感・マウスのすべり具合・ズレ具合・総評」のポイントで、「ELECOM FITTIO MP-116」をみていきます。それでは、いってみよ〜!

一体型のシックな見た目|デザインレビュー

Mp116 design1

ELECOM FITTIO MP-116のデザインについて、レビューしていきます。

ELECOM FITTIO MP-116のデザインは、一体型のシックな見た目のマウスパッドです。一体型とは、マウスパッドとリストレストが合体しているタイプのマウスパッドですね。

わたしが購入したのがブラックということもあって、とても重厚な見た目になっています。カラーバリエーションの違いで、ホワイトも用意されていますよ。

ゲーミングマウスパッドのように、差し色で赤いラインが入っているなんてこともありません。ただひたすらに、マウスを操作するための補助として役割をまっとうしてくれそうなデザインなんです。

また、リストレストの部分が隆起しているのですが、上から見るとそれを感じさせないところもいいんです。作業をしていても存在感が邪魔をしないし、デスクのうえにあってもデザイン的にあわないということもありません。

わたしは白いデスクの上においています。ブラックなので、はっきりと色のコントラスがありますが...実際につかっているときは、白黒ならデザイン的にもバッチリあっているので気になりません。

疲労軽減してくれるマウスパッドで、落ち着いたシックなデザインを探しているなら、ELECOM FITTIO MP-116(High)がおすすめかもしれませんね。

なめらかな革の手触り|触り心地をレビュー

Mp116 tcouchfeel1

ELECOM FITTIO MP-116の触り心地について、レビューしていきます。

ELECOM FITTIO MP–116の触り心地は、なめらかな革製品の手触り感です。すごく上品で、指先でも手首のところの素肌がふれてもまったく嫌な感じがしないんですよ。むしろ、触りたい思っちゃう。

マウスパッドの表面素材は、「医療現場やエステサロンなどでも使われている上質な合成皮革を採用」と公式サイトに書いてありました。

Mp116 material1
画像:ELECOM FITTIO MP-116(High)の表面を拡大

合成皮革は、ベースの布にポリウレタン樹脂をコーティングしたものらしいです。表面には、天然皮革と同様なシワを人工的につけているとのことで...もちろん、ELECOM FITTIO MP-116(High)の表面にも細かいシワを確認することができます。

この小さなこだわりも、さすが ELECOM(エレコム)さんといったところでしょうか?心意気を感じますよ。

とにかくなめらかな手触りなので、長時間手を置いていても苦じゃありません。夏場の仕様で汗ばんだとしても、さっと拭いてキレイにできるところも魅力の一つですね。公式では、「水や洗剤、アルコールなどで拭き取ることができ」とあるので、メンテナンスも安心しておこなうことができます。

ただ、若干の独特な匂いがすることもお伝えしておかないといけません。これは、使い始めだけなので...実際につかってみて1ヶ月ぐらいするとほとんど感じなくなってきますので、ご安心ください。

ぜひいっかい、ELECOM FITTIO MP-116 の表面の手触りのなめらさかさを、味わってみてほしいですね。

特殊な形状でしっかりやわらげてくれる|疲労軽減感をレビュー

Mp116 fatigue reduction

ELECOM FITTIO MP-116の疲労軽減感について、レビューしていきます。

ELECOM FITTIO MP–116 の疲労軽減感については、しっかりと手首の圧力を軽減して疲れを防止してくれますよ。APEX などの FPS ゲームで使用していますが、長時間のプレイでもへっちゃらです。

手首がふれる部分には、高性能素材「EXGEL®(エクスジェル)」が使用されています。医療や福祉の現場、そしてレースカー用品などでも取り入れられているらしいんですよ。ゴムの特性である形状回復性とジェルの特性である流動性〜なんて、公式サイトでは書いていますが...

むずかしいことはぬきにして、とにかく手首の動きにあわせてモニュモニュがうごいて、やさしく手首の痛みをやわらげてくれますよ!って感じです。実際につかってみて、そう実感しています。

ほんと、このモニュモニュがクセになるんですよ。リストレストだけのタイプで、同社エレコムさんの “DUX”MMOリストレスト「MOH-DUXBK」を試したことがあります。表面の素材感がちがいますが、最高のモニュモニュ感はほぼいっしょですね。これを探していたんだ!!って大声で叫びたくなる感じ笑。

マウスパッドの部分よりも、正直このリストレスト部分が、ELECOM FITTIO MP-116(High)の最大のアピールポイントになると思うんですよね。手首をおくところも、ちょっと凹んでいてセットしやすくなっているところも、ぜひみなさんにお伝えしたいです。

Mp116 touch package

家電量販店の店頭でも、ELECOM FITTIO MP-116(High)はおいてあります。お試しでふれていいサンプルが、パッケージについているんです。購入まえに感触が気になる方は、店頭で試してみてほしいんですよ。ぜひ!

とくにリストレストが付いていないタイプのマウスパッドを使用していた方は、ELECOM FITTIO MP-116(High)のおかげでかなり手首のこすれや、痛みがかわると思います。わたしがそうだったので、もし同じ悩みを抱えている方がいらっしゃいましたら、参考にしてみてください。

なめらか上質なすべりごこち|マウスすべり具合をレビュー

マウスすべり具合
画像:MP-116 のマウスすべり具合チェック

ELECOM FITTIO MP-116のマウスのすべり具合について、レビューしていきます。

ELECOM FITTIO MP–116 のマウスのすべり具合は、かなりなめらかです。マウスパッドの表面素材は、上質な合成皮革が採用されています。すごく、これがいい感じにマウスの操作性に作用しています。

さらっと、するっと、マウスをすべらせてくれるんです。しかしツルツルではないので、適度な重さをマウスに与えてくれるから、こまかな操作でも問題ありません。だからこそ、FPS のような操作でも満足のいく使用感になっているのかな?と自分の使っている環境を振り返って、思います。

わたしの使用環境
  • ELECOM FITTIO MP-116(High)
  • マウス:ロジクール G700s
  • PC:Windows 10
  • 内容:APEX LEGENDS・C21などオンラインゲーム。

ただし FPS などのゲームだと、感度によってはサイズが足りないと感じる場面があることも確かです。

もうすこし大きいサイズのものがあれば、より自由に操作できるのかな?って思うこともあります。ですが、私のようにちょっと遊ぶぐらいなら全く問題ないサイズ感ですので、ご安心ください。

いずれにしても、表面素材のおかげで、ELECOM FITTIO MP-116(High)のマウスのすべり心地は、なめらかで上質な仕上がりとなっていましたよ。

ちょっと浮くけど、ズレたりしない|ズレ具合をレビュー

Mp116 slip2

ELECOM FITTIO MP-116のズレ具合について、レビューしていきます。

ELECOM FITTIO MP–116 のマウスのズレ具合は、はしっこがちょっと浮くかもしれませんが、まったくズレない優れものです。

ぷっくりとふくらんだリストレストと、合成皮革の表面素材の影響でしょうか?つかっていてふと気がつくと...ぴょこんってはしっこが、うきあがるんですよ。ちょっとカワイイw

Mp116 hasikko

浮いているからといって、ほとんど使用上のジャマになることはありません。なので、ご安心くださいね。

もしかすると、使っていくうちに合成皮革がのびて、浮かなくなるのかもしれません。もしくは、ちゃんと裏面をメンテナンスすれば、接着力が持続するのかも?

Mp116 slip1

しっかりグリップしているので、ズレるかも?なんて心配したこともありません。マウスパッドとリストレストが一体型で、裏面とデスクの表面がくっついている面積もおおきいので、まったくズレません。

動かないマウスパッドをお探しなら、チェックしておくといいですよ。

使えるマウスを選ぶが、クセになる逸品|総評レビュー

Mp116 souhyou

ELECOM FITTIO MP-116の総評で、まとめていきましょう。

ELECOM FITTIO MP–116 の総評は、使えるマウスは選ぶけれども、クセになる感触がすばらいい逸品って感じですね。

記事後半の「質問形式で、疑問を解決コーナー」でも書いていますが、ちょっとだけ使えるマウスとの相性があります。それを加味しても、なめらかで上質なマウス操作できる表面素材と、高性能素材「EXGEL®(エクスジェル)」がおりなすモニュモニュのハーモニーは、クセになりますよ。

手首をやさしくつつみこんでくれる感触は、ほんとクセになります。長年エレコムのマウスパッドCOMFY MP-114 をつかってきましたが、そろそろヘタってきたのでマウスパッドを探していたんですよ。

家電量販店で、「ELECOM FITTIO MP-116」をさわたったときに、衝撃をおぼえたことをいまだに思い出します。店頭でさわって、帰ってすぐに調べたんですよ。「あのモニュモニュ感が、ぜったいにほしい!!」ってね。

もちろん、マウスパッドが分離型のほうが好きな人もいると思いますし、硬めリストレストがいい人もいるでしょう。むかしのわたしがそうだったのですが...たまには、自分の好きなものと逆のタイプのものを試してみるのも、あたらしい価値観がはいっていいですよ?その感覚が、いつまでもあなたの完成を若く保つ秘訣です。

気になった方は、ぜひ ELECOM FITTIO MP–116 を、チェックしてみてください。

ELECOM FITTIO MP-116(High)の疑問を、質問形式で解決

疑問の画像

ELECOM(エレコム)さんのマウスパッド「FITTIO MP-116(High)」について、気になる疑問点を解決していきます。

質問形式で、実際につかっているユーザー目線でおこたえいたします。それでは、いってみよ〜!

ホワイトとブラック、どっちがいいですか?

【質問】ホワイトとブラック、どっちがいいですか?

【回答】インテリアに合わせましょう

【コメント】

ELECOM FITTIO MP-116 には、ブラックとホワイトのカラーバリエーションがあります。どちらを選んでも、後悔はないと思いますよ。選ぶ基準としては、色を明るくしたいなら、ホワイト選ぶ。汚れなど気になる方は、ブラックを選ぶ。ぐらいの基準でもいいかもしれませんね。

もしくは、わたしのように、白いデスクを使っていて、逆の色を使いたいとか、インテリアにあわせるのが無難な選び方ですよ。もういちど、あなたの部屋やデスク周りの配色を見直して、どちらを選ぶべきか考えてみてください。

High と Low なら、どっちがいいでしょうか?

【質問】High と Low なら、どっちがいいでしょうか?

【回答】High を、個人的に推させていただきます。

【コメント】

これ、わたしも悩みました。ELECOM FITTIO には、リストレストの高い「MP-116」と、リストレストの低い「MP-115」があります。それぞれのリストレストの高さは、こんな感じです↓

  • MP-116:26mm
  • MP-115:18mm

8mm の差があります。それでは、どうして個人的には High を推しているのか?解説させていただきますね。

その理由は、長年使ったときのヘタり具合を想定しているからです。あくまでも予測ですが、長年手の重さを受け止めることによって、リストレストの高さが低くなってしまうんじゃないかと考えています。さらに、エクスジェルがやわらかい素材なので、沈み込むことをかんがえると高さが低いよりも、高い方がいいと考えました。

Mp116 whristrest

長年使ってみて、予測が外れてしまったらごめんなさい汗。そうなったら、逆にエレコムさんの製品技術のスゴさがわかるので、ぎゃくにうれしい気もしますが...それがわかるのは数年後ですね。

High をつかっていても、高すぎてマウスが操作しづらいってことはありません。High を買うまえに、そこだけ心配でしたが 8mm ぐらいの差なので気にする必要なかったかもしれません。

Low を選ぶ方は、すこしでもマウスパットと同じ高さに手首を近づけたいけれど、ちょっとでも疲労軽減できるリストレストがほしい!!という人にいいかもしれません。参考にしてみてください。

表面素材と、マウスとの相性はありますか?

【質問】表面素材と、マウスとの相性はありますか?

【回答】どうやら、マウスによっては相性がありそうです。

【コメント】

ひとつ気になることがあるとすれば...表面の素材の影響か、マウスによっては操作に若干のひっかかりをおぼえるものがあります。

たとえば、私の持っているマウスでテストしたところ、こんな感じの感想になりました↓

テストしたマウス

う〜ん。どうやら相性がありそうですね。実際のうごきについては、時間をつくって動画にもしていきますね。

検証してみた結果から予想するに...マウスのセンサー方式が関係あるのかな?と思って、調べてみました。今回検証したマウスのセンサーは、こんな感じですね↓

検証したマウスのセンサー方式について
  • Magic Mouse:レーザー式
  • Logicool G700s:レーザー式
  • MA-ERGBT11N:青色LEDセンサー
  • HAVIT「HV-MS764」:IR LED
  • サンワサプライ「MA-ERGW13」:青色LEDセンサー

【レーザーの種類参考】光学式やレーザーなど、マウスの読み取り方式の違いとは? - エレコム株式会社

これをみるかぎり、レーザー式であれば問題ないという結果になっていますね。IR LED は、赤色のセンサーです。安価なマウスに搭載されている省エネタイプですが、これはむずかしいのかも?

青色LEDセンサーについては、「MA-ERGBT11N」ならバッチリうごくのに、「MA-ERGW13」だとほとんど操作できないというなんとも曖昧な結果に汗。このへんは、マウスとの相性になってくるのかもしれません。

参考までに。

ELECOM FITTIO MP-116(High)レビューまとめ

まとめの画像

ELECOM(エレコム)さんの FITTIO MP-116(High)について、徹底的にレビューさせていただきました。まとめると、こんな感じです↓

ELECOM FITTIO MP-116(High)レビューまとめ
  • デザイン:一体型のシックな見た目
  • 触り心地:なめらかな革の手触り
  • 疲労軽減感:特殊な形状でしっかりやわらげてくれる
  • マウスすべり具合:なめらか上質なすべりごこち
  • ズレ具合:ちょっと浮くけど、ズレたりしない
  • 総評:使えるマウスを選ぶが、クセになる逸品

あらためて、ELECOM FITTIO MP-116(High)のレビューについて読み返す方は、下のリンクをご利用ください。記事の上部に、移動することができますよ。

【読み返す】ELECOMの疲労軽減マウスパッド「FITTIO MP-116(High)」を、徹底レビュー

【読み返す】ELECOM FITTIO MP-116(High)の疑問を、質問形式で解決

使えるマウスに相性があるところだけが、ちょっと残念だったんですけどね。

なめらかな滑り心地の表園素材と、疲労を軽減してくれるモニュモニュのリストレストは、マジでさわってみてほしい逸品です。

それでは、今回はこの辺で!?レビュー記事が、あなたの ELECOM FITTIO MP-116(High) に関する疑問を解消できていたら、うれしいです。

そのほか、マウスに関する記事や、ガジェット人生のなかで、買ってよかったものをまとめた記事をご用意しております。

ガジェットに興味のある方は、あわせてこちらの記事もどうぞ。

【関連】【2020年】私の人生で買ってよかったもの全まとめ【必需品】

関連する記事

サウンドオルビス

2,900,156 views

サウンドテック・ラボ編集部兼ライター。「音楽×テクノロジー」をキーワードに、毎日記事を更新中。DTM音楽制作のハウツーや最新情報で、あなたの「やってみたい!...

プロフィール

カテゴリ内の記事

おすすめの記事

カテゴリー