• HOME
  • マウス
  • Jelly CombエルゴノミクスマウスMV009レビュー!!おすすめ入門機

Jelly CombエルゴノミクスマウスMV009レビュー!!おすすめ入門機

マウス

Jelly Comb のエルゴノミクスマウス「MV009」って、実際使い心地はいいの?って疑問を、解決していきます。

エルゴノミクスマウスのなかでも、とくにコスパに優れた一台「MV009」って、すごく気になりますよね?

ちなみに Jelly Comb のエルゴノミクスマウス「MV009」とは、タブレットキーボードなどを販売する会社 Jelly Comb からリリースされている、エルゴノミクスマウスです。

エルゴノミクスマウスに興味はあるけれど、まずどれから試したらいいんだろう?

って方には、とくに Jelly Comb のエルゴノミクスマウス「MV009」はおすすめだと思います。

この記事でわかること
  • Jelly Comb「MV009」の使ってみたレビュー
  • Jelly Comb「MV009」のいいところ・気になるところ
  • Jelly Comb「MV009」の疑問点
  • Jelly Comb「MV009」は、どんな人におすすめか?
  • ...など。

この記事をよめば、Jelly Comb「MV009」の疑問や不安が、きっと解消されるはずですよ!

というわけで今回は、Jelly Comb のエルゴノミクスマウス「MV009」を、徹底レビューしていきます!

【レビュー】Jelly Comb エルゴノミクス「MV009」使ってみた!!

Jelly Comb エルゴノミクス「MV009」レビュー画像

Jelly Comb のエルゴノミクスマウス「MV009」の使ってみた感想を、レビュー形式でお伝えします。

「M570t」「MA-ERGBT11N」「MA-ERG13」といった、他社製のエルゴノミクスマウスも使ったことのある管理人が、素直に感じたことを語らせていただきますよ。

結論から言ってしまうと...「予想以上のマウス!!」って感じでした。さぁ、気になった方は、本文をチェックしてみてくださいね!

サウンドオルビス
サウンドオルビス
それでは、いってみよ〜!

1.タマゴのように美しいデザイン|外観レビュー

Appearance check

まずは Jelly Comb エルゴノミクスマウス「MV009」の外観を、レビューしていきます。。

なにはともあれ、ぐるっと一周「MV009」をみてください!!

MV009 を、ぐるっと一周みてみよう↓
MV009ぐるっと一周の画像
※ MV009 外観のうごく画像(size:989KB)
サウンドオルビス
サウンドオルビス
まるでタマゴのよう...美しい!!

ってのが、第一印象でした。4色のカラーバリエーションのなかで、今回は「ホワイト+ゴールド」を選んでみました。

「美しい!」の一言が、まさにふさわしい見た目ですよ。金色の差し色が、とにかくおしゃれ...それではじっくり、全方向から見ていきましょう。

MV009 front

「MV009」を、正面からみてみましょう。エルゴノミクスマウスのなかでは、緩やかな角度といったところでしょうか?

金色のラインが、なんともおしゃれな感じです。ただホワイトという色のせいか、各パーツの隙間があるように感じちゃいますね。

でもこの位置って使っているユーザーからは見えない部分なので、全く気になりません。

MV009 left

「MV009」を、左側からみてみましょう。ここです!まるで「タマゴ」って感じるポイントですよ。

正面とちがって、一番目にはいる部分です。ここがこの「ツルん」としたデザインなのは、見ていて癒しさえ感じちゃいます。

「ボタン4・5」は「カツカツッ!!」と乾いた音がしますが、とても押しやすく好印象です。

MV009 right

「MV009」を、右側からみてみましょう。手のひらにあたる部分にかけて、金色のラインが大きくひろがっています。

いままで黒のマウスばかり買っていたので、このスタイリッシュさには驚きでした。

MV009 back

「MV009」を、さらに後ろ側からみてみましょう。おしゃれな化粧品のパッケージのようなデザインだと思いませんか?

さすがに使っていくうちに「Jelly Comb」の印字が消えてしまいそうで、いまからちょっとハラハラしちゃいます。笑

外観の総評

いや〜、これは実におどろきましたよ。エルゴノミクスマウスのなかでも、かなりコスパの優れた製品でしたが...

実際に「MV009」の実物をみてみると、予想以上のデザイン製の高さでした。

2.日本語マニュアルあり|付属品レビュー

MV009 の付属品

Mv009 enclosed

  • MV009 本体
  • MV009 取扱説明書(ユーザーマニュアル)
  • 外箱

Jelly Comb エルゴノミクスマウス「MV009」の付属品について、レビューしていきます。

マウス本体、説明書、外箱ですね。おどろきなのは、ちゃんと日本語の説明書がはいってことですね。

Mv009 manualjp

ボタンの説明から、接続の方法までちゃんと日本語でかかれていると安心ですね。

ちなみに、電池は入っていませんでしたが、コストを考えたら仕方ない部分だと思います。ありがたいことに、必要なのは単三乾電池1本ですからね。自分で用意しちゃいましょう!

3.ツルツルとした手触りがいい!|素材感レビュー

MV009 Material1

Jelly Comb エルゴノミクスマウス「MV009」の素材感について、レビューしていきます。

ここ、マウスをえらぶときに重要なポイントですよね。「MV009」の手触りは...

つるつるな素材感!!!

でした。サラサラしているマウスに比べると、ちがう方向性の高級感がある感じですね。

実は、「MV009」には、カラーバリエーションが4色あるんですよ。ブラック系の「MV009」は、どうやらサラサラ系みたいなんです。

どっちにしようかな〜?って悩んだんですが、あまりレビューしている人もいなかったの、ホワイト系の素材感を知りたくて買ってしまいました。笑

Mv009 wheel

マウスホイールは、ちょっとやわらかいラバー素材ですね。すべりどめのような突起がついているので、まわしやすいですよ。

エルゴノミクスマウス特有の斜めホイールの感触は慣れが必要ですが、ホイールの回転が軽いので、あんがい他のエルゴノミクスマウスよりいいかもしれません!?

MV009 Material2

「MV009」のツルツルしているプラスチック系の素材感は、使う時間がながくなるにつれて、手に吸い付いてくる感じがします。

サラサラしているエルゴノミクスマウスが、すべってしまってストレスが溜まっている人にとっては、このツルツル系の素材感は、メリットかもしれませんよ!

4.コクゥン...って静音クリックが最高!!|マウスのクリック感レビュー

MV009 btn1

Jelly Comb エルゴノミクスマウス「MV009」の静音クリックについて、レビューしていきます。

「MV009」のクリックは、しっかり静音化されていました。Jelly Comb の製品ページには、静音について記載が見つからなかったんですよ。これは、うれしい誤算です!!

クリックを押すと、「コクゥン」って感じの音がします。音の出せない夜中のアパートや、仕事中でも安心して使えるぐらいの音量ではないでしょうか?

ただ静音クリックなのは、左右のクリックだけかもしれません...

MV009 btn2

「戻る・進むボタン」は、「カチッ!!」って乾いた音が出てしまうため、静音クリックを期待してしまうと、ここは気になるポイントとしてお伝えしておきたいですね。ただふつうのマウスとして使う分には、そこまで気になる音の大きさではないと思います。

「すぐに、クリック壊れそう?」って疑問もあるかと思います。たしかに、左右のクリックより軽い感じがするので、ちょっと不安なところはあります。

クリックの耐久性については、実際に使う中で検証していきたいと思っています。

それじゃあ、静音クリックがどのぐらい静かなのか?最後に、動画でクリック音をチェックしてみてください↓

MV009 のクリック音をチェック!!
MV009 のクリック音がわかる動画
(Size: 2MB)
サウンドオルビス
サウンドオルビス
なかなか、いい感じの静音です!!

5.すぐ手になじむ普通感がいい|操作性レビュー

MV009 grip1

Jelly Comb エルゴノミクスマウス「MV009」の操作性を、レビューしていきます。

人間工学に基づいたエルゴノミクスマウスとして、どれほどの実力なのか?「MV009」をにぎって、しっかりチェックしてみましょう!

ぐっ!!

MV009 grip2

...これは!!!

サウンドオルビス
サウンドオルビス
すごく、普通!!!笑

いやいや、これはいいですよ。垂直マウスという形ながら、すごく普通のマウスのような握り心地です。

角度がなだらかな感じだからでしょうか?まったく、違和感がないですよ。

MV009 grip3

「戻る・進むボタン」まで遠く見えますが、押し間違いもない距離感なので、むしろメリットかもしれません。

親指を置く場所もくぼみすぎていないので、マウスを持って動かす動作も、とてもやりやすいです。指先でつまんでもちあげるのも、普通のマウス感につながっているのかも?

MV009 dpibtn

DPIボタンが、すごく便利ですよ。マウスの速度設定にもよりますが、「DPI:1200」まん中がちょうどいい感じですね。ホイールから少し離れているから、通常の操作なら干渉しないです。

ただ、ベタッと指をつけた時に中指にあたるので、押してしまいそうな不安を覚える人もいるかも?

【操作性の総評】

とにかく言えるのは、エルゴノミクスマウスとはいえ、かなり普通のマウス感があるってことです。

たとえば、曲線の丸にちかいマウスって、結構あると思うんですよ。その丸いマウスって、指先でつまんで操作しませんか?あの感覚で、「MV009」を扱うことができる印象でした。

マウスカーソルも思った通り動かせうので、けっこう細かい作業もできちゃいます。この記事の画像編集や、ブログ執筆でもストレスなくできています。最高!!

Jelly Comb「MV009」は、おすすめの入門用エルゴノミクスマウス

もう一度。MV009 を、ぐるっとどうぞ↓
MV009ぐるっと一周の画像
※ MV009 外観のうごく画像(size:989KB)

Jelly Comb「MV009」は、おすすめ入門用エルゴノミクスマウスです。

その理由は、3あります。

Jelly Comb「MV009」が入門機としておすすめな3つの理由
  • コスパがいいから
  • カラバリがあるから
  • 慣れるまで時間がかからないから

1つ目の理由は、「コスパがいいから」です。エルゴノミクスマウスって、思っている以上に種類があります。そのなかでも「MV009」は、かなり手を出しやすいんですよ。エルゴノミクスデザインに興味があるひとに、まず試してほいと勧めるのに十分すぎるコスパです。

2つ目の理由は、「カラーバリエーションがあるから」です。「ブラック」「ブラック+ゴールド」「ホワイト+ゴールド」「ホワイト+シルバー」の4色展開です。ブラックとホワイト系に、差し色が入ることでどんな場所でもつかえるポップさが「MV009」にはあると思うんですよね。

3つ目の理由は、「慣れるまで時間がかからないから」です。手首が縦になるエルゴノミクスマウスは、使う人によって慣れるまでの時間がかかることは間違いありません。いくつか試してみたわたしが、いちばん慣れるまでの時間がかからないエルゴノミクスマウスは?って聞かれたら、「MV009!!」って即答しちゃうぐらい普通のマウス感です。びっくり。


これはガチで、エルゴノミクスマウス入門用として、おすすめのマウスを見つけてしまったかもしれません。

ほかのエルゴノミクスマウスよりも、すぐに扱えてしまっているわたしの個人的な体験ではありますが...参考にしていただけましたら幸いです。

エルゴノミクスマウスは腕全体で操作という印象だが、このマウスは手首での操作しやすいのも扱いやすさを加速させているのかもしれませんね。

サウンドオルビス
サウンドオルビス
さっそく友達に、おすすめしてきます。笑

Jelly Comb エルゴノミクスマウス「MV009」の疑問を、一問一答で解決します!!

疑問の画像

それでは最後に、Jelly Comb エルゴノミクスマウス「MV009」のちょっとした疑問などを、一問一答で解決していきます。

Jelly Comb エルゴノミクスマウス「MV009」を買うまえに、わたしが悩んでいた疑問など、実際に使ってみたユーザーの目線でお答えいたしますよ。

「MV009」の電池は、なにを使うの?

【質問】「MV009」の電池は、なにを使うの?

【回答】単三電池1本で、動作します。

【コメント】

Mv009 battery

付属品には電池はついていませんが、単三乾電池1本なのでランニングコストもそれほどかからなそうですね。背面の電池カバーもスライド式で簡単に外せますよ。

個人的にサウンドハウスの「CLASSIC PRO (クラシックプロ)のアルカリ乾電池 単3形 10本パック」が、なかなかコスパがいいので使いはじめてみました。

「MV009」は、どうやって接続するの?

【質問】「MV009」は、どうやって接続するんですか?

【回答】2.4 G USB レシーバで接続します。

【コメント】

Mv009 usb reciever

Jelly Comb エルゴノミクスマウス「MV009」は、2.4 G ワイヤレスマウスです。USB レシーバを、パソコンの USB 端子に接続して使用しますよ。

有線接続やBluetooth 接続はできないので、ご注意ください。2020年5月9日現在。調べてみた限りでは、USB ワイヤレスレシーバータイプしか見つかりませんでした。

「MV009」は、設定項目ってありますか?

【質問】「MV009」は、設定項目ってありますか?

【回答】特別な設定ソフトなどは、ありません。

【コメント】

Jelly Comb から、マウス設定用ソフトなどもリリースはされていないようです。「MV009」は、パソコンや Mac のシステム設定から設定を変更できますので、お試しください。

「MV009」の白いホワイト系の手触りは、サラサラなの?

【質問】「MV009」の白いホワイト系の手触りは、サラサラなの?

【回答】サラサラ系ではなく、ツルツル系です。

【コメント】

ブラック系はサラサラとしたラバーコーティングのようですが、ホワイト系は表面のかたいツルツルコーティングとなっています。手に馴染んですべらない方がお好みなら、ホワイト系がいいですよ。

「MV009」って、やっぱり手首が疲れないの?

【質問】「MV009」って、やっぱり手首が疲れないの?

【回答】個人的な感想ですが、疲れづらいと思います。

「腱鞘炎防止 長時間の使用でも疲れにくいマウス」というのが、いわゆるエルゴノミクスマウスですよね。「MV009」も普通のマウスのように扱える印象ですが、垂直マウスらしく手首をまっすぐにして操作できます。

私の場合、平べったいマウスをつかうと、すぐに右手の小指が冷たくなってしまうんですよ。「MV009」を使用していると、その小指が冷たくなってしまう状態が緩和されるんです。

もちろん手の大きさや、使う人の使用方法により差はあるかもしれません。それでも、私の場合は小指が冷たくなる状態が緩和できるだけでも、買ってみた価値があったと思っていますよ。

「MV009」は、Macで「戻る・進むボタン」は、つかえないの?

【質問】「MV009」は、Macで「戻る・進むボタン」は、つかえないの?

【回答】使えます。カスマイズソフトが必要です。

【コメント】

「Karabiner」というカスタマイズソフトで、「button4・button5」に機能をわりあてることで、Mac でも使用することができるようになりましたよ。

使い方などは、したの記事にまとめてありますので、興味のある方はこちらをどうぞ↓

【関連】「Karabiner」の使い方。Windows配列のキーボードを使うソフト

まとめ

まとめの画像

Jelly Comb のエルゴノミクスマウス「MV009」を、レビューさせていただきました。まとめると、こんな感じ↓

Jelly Comb エルゴノミクスマウス「MV009」レビューまとめ
  1. 外観:タマゴのように美しいデザイン
  2. 付属品:日本語マニュアルついてる。電池は付属なし
  3. 素材感:ツルツルとした手触りが、手に馴染む
  4. クリック感:コクゥン...って静音クリックが最高。「戻る・進むボタン」は、乾いた音がする
  5. 操作性:すぐ手になじむ普通のマウス感がいい
  6. 総評:Jelly Comb「MV009」は、おすすめの入門用エルゴノミクスマウスです!

「MV009」の疑問点について、もういちど読む場合は、下のリンクをご利用ください↓

【もういちど読む】Jelly Comb エルゴノミクスマウス「MV009」の疑問を、一問一答で解決します!!

いや〜、ほんとうに手にするまでは「MV009」のことを、あなどっていました。マウスを作るコストが低ければ、品質はどうなんだろう?って厳しい目で実機にさわってみたところ...

予想をおおきく上回るエルゴノミクスマウス!!!!

たしかに、赤色 センサーだったり、ちょっと作りがあらかったりといった気になるところもあります。

ですが、エルゴノミクスマウスに興味を持った人が、はじめてさわる入門用マウスとして、十分な役割をはたしてくれると思いますよ。

サウンドオルビス
サウンドオルビス
はじめてのエルゴノミクスマウスに、ぜひ!!

今回の記事が、あなたのエルゴノミクスマウス選びの参考になっていたら、うれしいです。それでは、今回はこの辺で!?

そのほか、エルゴノミクスマウスについて、選び方やメーカーなどまとめた記事があります。気になっている方は、あわせてこちらの記事もごらんください!

【関連】エルゴノミクスマウスまとめ。おすすめタイプを探そう!!【2020】

サウンドオルビス

3,316,770 views

サウンドテック・ラボ編集部兼ライター。「音楽×テクノロジー」をキーワードに、毎日記事を更新中。DTM音楽制作のハウツーや最新情報で、あなたの「やってみたい!...

プロフィール

ピックアップ記事

カテゴリ内の記事