• HOME
  • 音声配信
  • デッドな音とは?どうやって反響せずレコーディングできる?

デッドな音とは?どうやって反響せずレコーディングできる?

音声配信

「デッドな音って、どんな音なの?どうすれば、反響せずにレコーディングできるの?」って疑問を、解消しましょう。

ナレーションや歌ってみたの録音を納品する際に、できるだけ「デッドな音でおねがいします。」と言われたことはありませんか?

声や楽器の音は、カベや天井などに反射して最終的なマイクで録音されます。そのときに意図しない響きがあると、カラオケや動画とミックスしたさいに浮いてしまう原因になってしまうんですよ。

この記事でわかること
  • デッドな音の意味
  • デッドな音を、実際に確認できる
  • デッドな音でレコーディングするために、自作で対応できないかわかる

自宅でマイクを使用する「ミュージシャン・デスクワーカー」だけじゃなくて、ZOMM 会議などで声を正確に届けたい人にとって参考になる話になっています。

というわけで今回は、デッドな音とはどんな音で、反響せずにレコーディングする方法を検証してみました。

デッドな音とは?

Deadsound what

デッドな音とは、反響成分が含まれていない音のことです。

「デッド=DEAD(意味:死)」となっていて、つまり音に反響が含まれず死んでいるような音になっていることから、デッドな音と呼ばれています。

防音室・防音工事を請け負っている「サウンドゾーン」様の音の辞典には、以下のように記載があります↓

反対に、室内の響きが少ない状態で残響時間が短いとき、反射音が少なく直接音が強いと音が死んでいるように感じられることから「デッド」と言う

出典:音の辞典・音に関するマメ知識「ら行」|防音室・防音工事・対策は環境スペースにお任せ|サウンドゾーンより引用

助手くん
助手くん
とにかく、響いてない音ってことですね。
そのとおり!それじゃあ、デッドな音についてもっと詳しくみていこう↓
サウンドオルビス
サウンドオルビス

「ドライな音」と「デッドな音」は違うの?

ドライな音・ウェットな音・デッドの違い
  • ドライな音:エフェクト効果を加えていない状態の音
  • ウェットな音:エフェクトを追加した音
  • デッドな音:録音した音に、反響成分が含まれていない音

「ドライな音」と「デッドな音」は、まったく違います。

素の音という意味で、「ドライな音」という表現を目にすることもあります。ですが「ドライな音」というのは、エフェクト効果が加えられていない音のことを表すんですよ。

また「ドライ」の逆は「ウェット」となります。これはエフェクトに関する話なので、上記リストのように覚えておくといいでしょう。

デッドな音の反対は?

デッドな音の反対の言葉は、「ライブな音」です。

ライブな音は、反響成分が含まれている音のことを表します。

たとえば LIVE(ライブ)会場で、アーティストが歌っている時の様子を思い浮かべてみましょう。広い空間の中をかけめぐる気持ちのいい音...それが、ライブな音です。

参考として、ニコニコ超パーティー2015 のライブ映像が公式であがっているのでチェックしてみてください。ライブな音がはっきりとわかるので、参考になりますよ↓

デッドな音でレコーディングする理由

デッドな音でレコーディングする理由
  • 反響音はあとから追加できるから
  • 反響音を取り除くことができないから
  • 意図しない響きは、変な音のピークを作るから
  • マイクの性能を出し切れないから
  • 近接効果がつきやすくなるから

デッドな音でレコーディングする理由を、ご説明します。

反響の少ないデッドな音でレコーディングする理由は、上記リストをごらんください。ほかにも理由はあるかもしれませんが、筆者が今までの経験から気づいた理由はこんな感じですね。

たとえば、意図していない反響音は、取り除くことができません。なので歌ってみたなどの音楽目的では、デッドな音の方が圧倒的に有利です。音が浮いてしまって、不自然になりますからね。

また反響を減らすためにマイクに近づきたくなると、近接効果で低音がふっくらした篭った音になりがちです。

できるだけデッドな音でレコーディングすることで、完成品のクオリティに直結します。デッドな音でレコーディングする理由に気づけると、1歩ステップアップですよ!

デッドな音がわかる参考動画

それでは実際に、デッドな音を聞いて確認してみましょう。

もっともわかりやすい例として、ボーカルブース商品の「ISOVOX 2」のプロモーション動画があります。

反響の多いバスルームから、ISOVOX 2 内部でレコーディングすることで響きが少なくなったデッドな音への変化を確認できますよ。

ほかにも、防音室内の反響を抑えてレコーディングしている方々の動画等を集めてみましのたで、ぜひ下記のリンクからチェックしてみてください↓

デッドな音で録音する方法を調べてみた

デッドな音で録音する方法について、ご説明します。

デッドな音で録音するには、声や楽器の音が反響しない空間でレコーディングする必要があります。

たとえば、防音室内に「吸音材」を貼り付けることで、音の反響を減らすことができるんですよ。そのため、だんぼっちなどの簡易防音室に吸音材を貼って改造する方もいらっしゃいます。

究極的なところまでいくと、アメリカのワシントン州にあるマイクロソフト社の「無響室」なるものがあります。音の反射を極限まで無くした部屋なので、ここでなら確実にデッドな音が収録できますね!

助手くん
助手くん
さすがに、こんなに予算かけられませんよ...
助手ちゃん
助手ちゃん
できれば、安価にデッドな音を取る方法はないでしょうか?
よーし!それなら自作で作ってみよう!
サウンドオルビス
サウンドオルビス

自作したリフレクションフィルターで、デッドな音を録音してみた

Reflectionfilter diy1

自作したリフレクションフィルターで、デッドな音を録音してみました。

リフレクションフィルターというマイクの周辺だけデッドニングする機材...「自作できるのでは?」と思いついたので、試してみました。

利用したもの

Reflectionfilter diy4

  1. 毛布
  2. ダンボール

今回自作するリフレクションフィルターで使ったものは、「毛布+ダンボール」だけです。

このふたつを...

Reflectionfilter diy3

くるりと巻きつけて、合体させてみました!

その中に...

Reflectionfilter diy2

コンデンサーマイクをいれて、実際に収録すればオッケーです。

マイクの周りだけ、毛布が吸音してくれるので...理論的にはリフレクションフィルターと同様に、デッドな音を収録できているはずですよ。

自作したリフレクションフィルターの音を確認してみよう

音の変化を確認できる目安の再生時間

  • 6:48 デッドな音を検証してみた
  • 11:15 エンディングトーク(デッドな音)
  • 12:27 エンディングトーク(部屋鳴り込みの音)

自作したリフレクションフィルターの音を確認してみましょう。今回の検証結果は、ポッドキャストで音声配信コンテンツとして配信しています。

100% デッドな音ではありませんが、ほぼ費用をかけずに自作できるデッドニング機材としては...なかなかいい感じなのではないでしょうか?

もうすこしチューニングすることで、減りすぎた「ハイ(高域)」を戻したり、響きを調節したりできそうですからね。ぜひ、参考にしてみてください。

まとめ

この記事のまとめ

デッドな音とは?どうやって反響せずレコーディングする方法など、まとめてみました。

デッドな音を理解して、自分で収録することができるようになると、作品のクオリティをアップさせることができますよ。

筆者も自宅でできるデッドな録音方法を模索し始めたばかりなので、いっしょにステップアップしていきますので、今後も記事のアップデートをお待ちください。

それじゃあ、今回はこの辺で!? ほかにも、音声配信についての記事を書いていますので、あわせてこちらの記事もどうぞ↓

【関連】音声配信コンテンツカテゴリ - サウンドテック・ラボ

【関連】テクノロジー記事まとめ | サウンドテック・ラボ

サウンドオルビス

5,221,938 views

サウンドテック・ラボ編集長兼ライター。「音楽×テクノロジー」で、あなたの「やってみたい」をお手伝いします。人生にドラマを!!

プロフィール

ピックアップ記事

カテゴリ内の記事