Output FXプラグインのアンインストール方法【まとめ】

プラグイン・ソフト音源・ツール

「Output のプラグインって、どうやってアンインストールするの?」って疑問を、解決していきます。

「Output」といえば、「Movement・Terminal・Portal」など、個性的で魅力的な製品を生み出している DTM 界隈では有名なプラグインメーカーです。

新しい DTM パソコンを買ったときに、Output 製品の移行作業が終わったら、古い DTM パソコンから Output 製品をインストールすれば家族などに譲渡するときにも安心ですよね。

この記事では、筆者が英語の公式ヘルプを確認しながら、実際にやってみたアンインストール手順などをまとめていきます。英語に苦手意識のある方は、ぜひ参考にしてみてください。

というわけで今回は、Output プラグインのアンインストール方法についてまとめて解説します。

目次

Output プラグインのアンインストール方法【3ステップ】

Output プラグインのアンインストール方法について、解説します。

今回の検証では、筆者も持っている「MOVEMENT」を例にアンインストールのやり方をシェアしていきます。

だれでも挑戦できるように、3つのステップで説明していきますね。それでは、いってみよ〜!

【ステップ1】Output プラグインのプリセットをバックアップする

OutPut プリセットの保存場所
  • -Mac: /Users/Shared/Output/Movement/Presets
  • -PC: OS (C:)/Users/Public/Documents/Output/Movement/Presets

ステップ1は、Output プラグインのプリセットをバックアップです。

上記の Output プリセットの保存場所に、XML 形式のプリセットファイルが保存されています。アンインストールをする前に、移行作業で必要になるプリセットの情報を外付けハードディスクやクラウドに一時的に避難してください。

ここまでで、ステップ1「Output プラグインのプリセットをバックアップ」の作業は完了です。

【ステップ2】Output プラグインのアンインストーラをダウンロードする

Output uninstall1

【How To Uninstall MOVEMENT – Output Support】
https://support.output.com/hc/en-us/articles/360050128774-How-To-Uninstall-MOVEMENT

ステップ2は、Output プラグインのアンインストーラをダウンロードしましょう。

Output ヘルプの「How To Uninstall MOVEMENT – Output Support」ページにアクセスして、「-You can download and run the〜」のご利用のパソコンに合わせてテキストリンクをクリックしてみましょう。

Output uninstall2

ダウンロードフォルダに、アンインストーラが保存されたらオッケーです。今回は「_mac_MovementUninstaller_v1.1.pkg」でした。

ここまでで、ステップ2「Output プラグインのアンインストーラをダウンロードする」作業は完了です。

【ステップ3】アンインストーラを実行する

Output uninstall3

ステップ3は、アンインストーラを実行しましょう。

ダウンロードフォルダに保存されたアンインストーラを、ダブルクリックして起動してください。

続けるをクリックします。今回は Mac の画面で説明していきます。

Output uninstall4

インストールを、クリックします。

Output uninstall5

インストールのアラートが表示されたら、許可をしてあげましょう。

Output uninstall6

アンインストーラが起動したら、UNINSTALL をクリックしてください。

Output uninstall7

OK をクリックします。

Output uninstall8

「Uninstall Successful」が出たら、OK をクリックしてください。

Output uninstall9

「インストールが完了しました。」とでたら、閉じるをクリックします。

Output uninstall10

インストーラをゴミ箱に移動するか聞かれたら、ゴミ箱に入れるをクリックしてください。ダウンロードフォルダから、アンインストーラが削除されたら成功です。

ここまでで、ステップ3「アンインストーラを実行する」作業およびOutput FXプラグインのアンインストール方法の解説は終了です。

Output プラグインの関連ファイルを手動で削除しよう

Output hub dispkay

Output プラグインの関連ファイルが残ってしまう場合には、手動で削除すればオッケーです。

OutPut 製品をダウンロードするための OutPut Hub は、アンインストーラがないため手動で削除しました。Mac の場合には、アプリケーションフォルダからアプリを削除すれば大丈夫です。

Output hub delete

筆者は、AppCleaner で関連ファイルもまとめて削除してみました。

さらに、Mac の中身を調べてみると...

Application Support フォルダ内
Output kanren1
場所:Macintosh HD>ライブラリ>Application Support>OutPut
共有フォルダ内
Output kanren2
場所:Macintosh HD>ユーザ>共有>OutPut

2つのフォルダに、Output プラグインの残留ファイルを見つけることができました。そのため、筆者は該当する Output フォルダを丸ごと削除しました。

注意点としては、一応ファイルを削除することになるので、削除する前に必ずバックアップをとってから行うようにしてください。あくまでも自己責任で!!

その他 OutPut プラグインのアンインストール方法

その他 OutPut プラグインのアンインストール方法についても、触れていきましょう。

今回の検証には「Movement」を活用させていただきました。Output には、他にも「Terminal・Portal・Arcade」といったプラグインもリリースされています。こちらのアンインストール作業は、基本的に手動で行う必要があるようです。上記のヘルプリストを参照してください。

Output 製品はアンインストール前に、ディアクティベーションしなくていいの?

Output 製品はアンインストール前に、ディアクティベーションしなくとも大丈夫でそうです。

なぜなら、Output のヘルプを確認すると、同時に複数台のコンピュータへのインストールを許可している旨が書いてあるからです。

MOVEMENT・PORTAL・THERMAL のシリアルコードは、同時に4台のコンピュータでアクティベートできるようです。5台目を使うときには、アンインストールが必要になってきますね。詳しくは、下記の参考リンクご確認ください。

まとめ

Output FXプラグインのアンインストール方法まとめ

※ 全体の流れがわかったら、ステップ1から挑戦してみましょう。リンクをクリックで、記事の上部に移動できます。ぜひご利用ください。

Output FXプラグインのアンインストール方法について、解説させていただきました。

筆者も初めて Output 製品の DTM パソコン移行に挑戦しているため、関連ファイルなど抜けている部分があるかもしれません。ライセンスについてもヘルプを参照しつつトライしましたが、今後何か不都合があれば記事に追記していきますので、参考にしてみてください。

それじゃあ、今回はこの辺で!? ほかにも、プラグインのライセンス移行などについて記事を書いています。あわせてこちらの記事も、どうぞ↓

【関連】DTMのPC移行!!ライセンス移動・アクティベート解除方法

サウンドオルビス

5,460,894 views

サウンドテック・ラボ編集長兼ライター。「音楽×テクノロジー」で、あなたの「やってみたい」をお手伝いします。人生にドラマを!!

プロフィール

ピックアップ記事

カテゴリ内の記事