ポモドーロ・テクニックとは?集中できない悩みを解決

気になる話題

「ポモドーロ・テクニックって、なんですか?」って疑問を、解決します。

クリエイティブな人に支持される「ポモドーロ・テクニック」。作業効率や集中力をアップするのに「ポモドーロがいい!」って聞きますが...いったいどんなものなのかわからないですよね?

この記事では、「ポモドーロ・テクニックとは?そもそもポモドーロってどういう意味?具体的にどんなことをすればいいの?」といったことを、筆者も気になったので調べてみた結果をまとめてみました。

というわけで今回は、ポモドーロ・テクニックとは、いったいどんなものなのか解説していきます。

記事の音声配信コンテンツ版

ポモドーロ・テクニックとは?

ポモドーロ・テクニックとは、「時間管理術」のことです。

ポモドーロ・テクニック(Pomodoro Technique)は、1セット「25分の作業+短い休息」をタイマーで管理していきます。

生産性や集中力を高めることが期待できるため、作業におわれるクリエイターなどから人気があるのかもしれません。

ポモドーロ・テクニックは、だれが考えたの?

ポモドーロ・テクニックを考案したのは、フランチェスコ・シリロ(Francesco Cirillo)氏です。

ベルリンを拠点とするコンサルティング会社「Cirillo Consulting」のオーナー。いわゆるコンサルタント業や、起業家といわれる職業の先生のようですね。

考案者フランチェスコ・シリロ氏自身が、書籍「どんな仕事も「25分+5分」で結果が出る ポモドーロ・テクニック入門」を出版しています。

ポモドーロ・テクニックの本質がわかる本ということなので、ぜひともチェックしておきたい公式本です。

ポモドーロとは?

ポモドーロとは、「25分の作業+短い休息」の1セットのことです。これを「ポモドーロ」と呼ぶようです。

ちなみに「ポモドーロ(Pomodoro)」は、イタリア語で「トマト」を意味する言葉です。

考案者の「フランチェスコ・シリロ」が、大学生時代にトマト型のキッチンタイマーを使用していたことから、名称やイメージのイラストに使われているようです。

さらにポモドーロの語源は、Pomo D'amore(愛のりんご)や Pomo D'oro(黄金のりんご)からきているそうです。

助手くん
助手くん
イタリア語のりんごって...
助手ちゃん
助手ちゃん
「mele」じゃなかったですか?
pomo も、りんごって意味を表すみたいだよ!
サウンドオルビス
サウンドオルビス

りんごを意味する「pomo」。黄金を意味する「D'oro」。愛のを意味する「d'amore」。そう思うと、なんだか素敵な時間管理術にみえてくるのは、筆者だけでしょうか?

いずれにせよ、イメージとしては、ポモドーロ・テクニックのなかに「ポモドーロ」があると解釈できそうですね。

具体的なポモドーロ・テクニックのやり方

ポモドーロ・テクニックのやり方手順
  • タスクを決定する
  • 25分タイマー開始。作業に没頭する
  • タイマーが鳴ったら、5分ほど休憩する
  • 1セットのポモドーロ回数をメモしていく
  • 4セット繰り返したら、20分ほどの休憩をとる
  • タスク達成!

具体的なポモドーロ・テクニックのやり方について、わかりやすくまとめてみました。

ポモドーロ・テクニックの公式動画の説明を参考に、その手順を筆者なりにまとめてみると、上記リストのような感じになりました。

達成するべきタスクを、25分の作業とこまめな休憩時間をあわせて、達成していくというのが、ポモドーロ・テクニックの具体的なやり方ですね。

ワンポイントアドバイス

ポモドーロの途中で、タスクが中断された場合には、その1セットは終了とみなされるとのことです。作業をはじめるときには、また 25 分のあたまからスタートしなければなりません。

ポモドーロ・テクニックがうまくいかない理由

ポモドーロ・テクニックがうまくいかない理由は、そもそも目標設定が適切ではないみたいです。

ポモドーロが途中で中断されることを、「内的中断」というらしいです。Wikipedia 情報ですよ!

この原因は、目標設定が適切でないことらしいです。う〜ん、手厳しいですがまさにその通りですよね。

  • メールボックスのチェック
  • SNS チェックや連絡の必要がでてくる
  • まわりの環境で気が散ってしまう
  • ...など

こうした現象や症状が現れた場合には、「さほど重要でないことをやっている証拠」とのこと。

なぜかポモドーロ・テクニックがうまくいかない場合には、設定した目標を変更してみるといいかもしれません。

具体的には、大きすぎる課題は小さくして、多すぎる作業は減らしてみるなどの工夫が必要になるでしょう。

ポモドーロ・テクニックを実践するおすすめのアプリ

Be focused site01
Xwavesoft - Be Focused 2021年4月4日時点より引用

ポモドーロ・テクニックを実践するおすすめのアプリを、ご紹介いたします。

筆者のおすすめアプリは、Xwavesoft 社製の「Be Focused」です。有料アプリもありますが、無料でも利用することができますよ。

筆者もブログ執筆や音楽制作などで、時間を区切って取り組むようにしています。そのときに、mac のメニューバーに常駐してくれて、通知を出してくれるのでとても便利なんです。

iPhone・iPad 版もあるので、どんな場面でもあなたの作業を効率化してくれますよ。詳しい使い方については、別記事にまとめましたので合わせてこちらの記事もよんでみてください↓

【関連】mac版Be Focusedの使い方を、徹底解説!!

まとめ

ポモドーロ・テクニックとは?まとめ
  • ポモドーロ・テクニックとは、「時間管理術」のこと
  • ポモドーロ・テクニックを考案したのは、フランチェスコ・シリロ(Francesco Cirillo)氏
  • ポモドーロとは「25分の作業+短い休息」の1セットのこと。これを「ポモドーロ」と呼ぶ
  • 「ポモドーロ(Pomodoro)」は、イタリア語で「トマト」を意味する
  • ポモドーロ・テクニックがうまくいかない理由は、そもそも目標設定が適切ではない
  • ポモドーロ・テクニックを実践するおすすめのアプリは「Be Focused
ポモドーロ・テクニックのやり方手順
  • タスクを決定する
  • 25分タイマー開始。作業に没頭する
  • タイマーが鳴ったら、5分ほど休憩する
  • 1セットのポモドーロ回数をメモしていく
  • 4セット繰り返したら、20分ほどの休憩をとる
  • タスク達成!

ポモドーロ・テクニックについて、調査した内容を解説させていただきました。

ポモドーロ・テクニックを知っていれば、集中力が続かない悩みを、解決できるかもしれません。

少なくとも、筆者も25分で区切って作業をするやり方を続けることができています。そして、1日作業することが苦痛ではなくなっています。

ただ人によっては合わない場合もありますので、さまざまな時間管理術を調べる中で、自分に合ったものを見つけよう!ぐらいの気持ちで取り組むのがいいかもしれませんね。

それじゃあ、今回はこの辺で!? ほかにも、テクノロジーや気になる話題を集めた記事をご用意しております。興味のある人は、こちらの記事をどうぞ↓

【関連】テクノロジー記事まとめ | サウンドテック・ラボ

サウンドオルビス

5,900,350 views

サウンドテック・ラボ編集長兼ライター。「音楽×テクノロジー」で、あなたの「やってみたい」をお手伝いします。人生にドラマを!!

プロフィール

ピックアップ記事

カテゴリ内の記事