【2020】AirPods対応ワイヤレス充電器。これはGETしたい!

Qiワイヤレス充電器

AirPods でもつかえる Qi ワイヤレス充電器をお探しですか?

AirPods2 発売後、AirPods 本体ケースに、Qi 規格のワイヤレス充電に対応したモデルが登場しました。

巷でも Qi 規格に対応したワイヤレス充電器は、たくさん発売されているようですが...商品の説明によっては、AirPods に対応しているのかわからないものもあるようです。

この記事では、説明欄に AirPods にも対応と書かれているワイヤレス充電器のみを、厳選して集めてみました。

せっかくだから AirPods 第2世代・AirPods Pro を Qi ワイヤレス充電したいあなたにとって、ベストな1台を見つけてあげてください。

というわけで今回は、AirPods対応のワイヤレス充電器を、ご紹介いたします。

AirPods対応ワイヤレス充電器5選

AirPods対応ワイヤレス充電器を、5こえらんでみました。

お約束として、購入前にもういちど AirPods をワイヤレス充電できるのか、ショップの記載を確認することをお忘れなく!!

それでは、いってみよ〜!

CHOETECH - 超薄型 Qi ワイヤレス充電器

CHOETECH の超薄型 Qi ワイヤレス充電器
充電出力5W / 7.5W / 10W 対応
特徴高さ0.85cmの薄型&軽量。動作確認のLEDあり。5mm未満のケースと併用可能など
安全装置CE / FCC / RoHS 世界安全基準の認証を取得。Qiに準拠した正規認証品など
Amazon の「CHOETECH」で選べるカラバリ
管理人のコメント
ひとつめは、CHOETECH の超薄型 Qi ワイヤレス充電器です。
通常の平置きタイプのワイヤレス充電器ですね。なんといってもポイントは、薄型の設計でしょうか。0.85cm ならではのあっても困らない存在感は、AirPods をワイヤレス充電する上でとても重要です。AirPods を置くいつもの場所に、CHOETECH さんを常備しておきたいですね。カラーバリエーションもあるので、お好みの1台を探してみてください。

Anker - PowerWave 10 Dual Pad

Anker PowerWave 10 Dual Pad
充電出力5W / 7.5W / 10W (※合計最大20W)
特徴2台同時にワイヤレス充電できるパッド型ワイヤレス充電器・LED表示・5mm未満のケース併用可能・サイズ:約205×93×12 mm・重さ:約206g
安全装置多重保護システム(異物探知、過電圧保護などの優れた機能を搭載)
管理人のコメント
Anker の PowerWave 10 Dual Pad充電器です。
ガジェット系で有名ブランドのひとつといえば、Anker製品ですよね。商品の公式サイトにも、AirPods の記載があるので安心できます。2台同時に充電できるデュアルパッドなので、スマホと AirPods をいっしょにチャージできるから、ケーブルなどの取り回しがスッキリしてくれますね。AC アダプターも付属してくれるので、買ったその日からワイヤレスライフをたのしめますよ!

一本三役・2台同時充電できるワイヤレス充電器

一本三役・2台同時充電できるワイヤレス充電器
充電出力5W / 7.5W / 10W、apple watch:2W、ワイヤレスイヤホン:2W
特徴一個三役の急速ワイヤレス充電器。コンパクト設計。コイルタイプ:デュアル コイルなど
安全装置過電流、過充電、過電圧、短絡、過熱保護などが内蔵
管理人のコメント
一本三役・2台同時充電できるワイヤレス充電器です。
一本のライトニングケーブルで、iPhone と Apple Watch&AirPods を充電できるアイディア商品みつけちゃいました。これなら1本だけ持ち運ぶだけで、Apple 製品をすべて充電できちゃいます。旅行先でもコンセントひとつですむので、いっしょにいく友達や家族からよろこばれること間違いありません!

AirPods 対応ワイヤレス充電器の選び方について

AirPods 対応ワイヤレス充電器の選び方について、説明します。

充電出力について

AirPods の充電出力は、 5W に対応しているようです。

どれだけ最大の充電出力のおおきいワイヤレス充電器を買っても、AirPods のワイヤレス充電速度はかわりません。

ちなみにワイヤレス充電器の Qi 規格には、以下の4種類が充電出力があります↓

Qi規格の充電出力一覧

今回ご紹介した AirPods 対応のワイヤレス充電器の商品説明でも、AirPods の充電出力は 5W の扱いになっています。

Apple 独自規格の「7.5W」に対応していないのが残念ですが、仕方ないですね。

さらに 5W と対応といえど、ワイヤレス充電器によっては 3W 対応などの表記もあるため、ワイヤレス充電速度としては遅い部類なんです。

置くだけで充電できるというメリットこそ、導入の決め手といったところでしょうか?

さてさて、あらためて充電出力について、勉強させていただきました。Qi 規格の充電出力ん違いについて、「Purudo.net」さまがたいへんわかりやすかったので、ご紹介させていただきますね!感謝、感謝です↓

【参考】【知っておきたい】ワイヤレス充電規格 Qi の 5W/7.5W/10W/15W の違いとは? | Purudo.net

AirPods Pro の充電出力について

AirPods Pro の充電出力は、おそらく 5W 対応のようです。

AirPods Pro の使用ページでも、あまり詳しく書かれていないんですよね。

ただ AirPods Pro について、ITmedia NEWS さんの記事で、次のような言及がありました↓

Lightning接続による充電は5W(5V/1A)仕様のため、Qiワイヤレス充電も最大5W充電だと考えられる。

出典:AirPods ProとiPhone付属EarPodsとの関係 MACお宝流超細かいレビュー (3/3) - ITmedia NEWSより引用

有線接続をうわまわるような充電出力は、なかなか考えにくいですからね。

AirPods Pro も 5W 対応ならば、ワイヤレス充電器を選ぶときも悩まなくていいので、ありがたいかもしれません。

端子接続タイプか、置くだけ充電か?

端子接続タイプか、置くだけ充電タイプどっちを選ぶべきでしょうか?

巷で買うことができる AirPods 対応のワイヤレス充電器の中には、AirPods のライトニング充電端子付きのモデルがあるんです。

Qi lightning buturi

個人的には、置くだけ充電(Qi ワイヤレス充電)タイプのほうを、おすすめしたいです。

なぜなら、物理のライトニング端子の場合は、なんども抜き差しするうちに AirPods 小傷がつくことはさけられないからです。

また洗面台のコンセントとおなじように、端子に差し込む際にずれたりすると...端子自体を壊すこともあります。

わたしの話ですが、コンセントにドライヤーがささりづらくなって、毎回慎重に差し込む羽目になっており、物理的な差込口にこわさを覚えております。笑

もちろん、端子が付いているタイプは、充電速度も安定しており、AirPods がスタンドすることで見た目もおしゃれになります。

選ぶときは、おしゃれさなのか、充電速度の安定感のか、傷がつくことを避けるのか?

あなたの大切な判断基準をもって、選ぶようにしましょう。

まとめ

AirPods対応ワイヤレス充電器を、厳選してみました。

AirPods 単体を、ワイヤレス充電するとモノが増えてしまいますね。たとえば 3in1 といったスマホや Apple Watchなど、まとめて充電できたほうが、見た目もスッキリしていいかもしれません。

使用用途にあわせて選んでみましょう。ということで、今回はこの辺で!?今回の記事が、あなたのワイヤレス充電器選びの参考になりましたら、幸いです。

ほかにも、ワイヤレス Qi 充電器をまとめてみました。気になっている方は、こちらもあわせてどうぞ↓

【関連】ワイヤレスQi充電器おすすめ12選【2020】

サウンドオルビス

3,091,680 views

サウンドテック・ラボ編集部兼ライター。「音楽×テクノロジー」をキーワードに、毎日記事を更新中。DTM音楽制作のハウツーや最新情報で、あなたの「やってみたい!...

プロフィール

ピックアップ記事

カテゴリ内の記事