Sculpt Ergonomic Keyboardを、Macで使う方法。無料で簡単に!!

キーボード
助手くん
助手くん
Windows 配列のキーボードを、Mac で使う方法ってないのかな?
あなたの疑問を、解決しましょう!
サウンドオルビス
サウンドオルビス

Windows 配列のキーボードを、そのまま Mac につなぐと、使えないキーがありますよね?

たとえば、Microsoft(マイクロソフト)の「Sculpt Ergonomic Keyboard」は、Mac につないでも「Ctrl」「無変換/変換」「Alt」といったキーが反応してくれません。

せっかくのエルゴノミクスキーボードなのに、Mac ユーザーには宝の持ち腐れになってしまいます。

Sculpt Ergonomic Keyboard とは?

Microsoft(マイクロソフト)からリリースされている、Windows キー配列のエルゴノミクスキーボードです。

じつは「無変換/変換」「Windowsキー」など、Mac ユーザーでも自分好みにカスタマイズできる方法があるんです。

とあるフリーソフトを使うだけなので、だれでも簡単に Mac で Windwos 配列のキーボードを使えるようになりますよ!

というわけで今回は、「Sculpt Ergonomic Keyboard」のような Windows 配列のキーボードを、Mac で使う方法を3ステップで解説します。

Sculpt Ergonomic Keyboard を、Mac で使う方法【3ステップ】

Sculpt Ergonomic Keyboard のような Windows 配列のキーボードを、Mac で使う方法を解説します。

「Sculpt Ergonomic Keyboard」のような Windows 配列のキーボードを Mac で使うなら、「Karabiner-Elements」を使いましょう!

メモ
Karabiner-Elements は、macOS用のキーボードカスタマイザーソフト。「Takayama Fumihiko @tekezo」さんが開発した、オープンソースソフトウェアです。

「windowsキー」「無変換/変換キー」など、「Karabiner-Elements」をつかえば、自分の好きなキーにカスタマイズできちゃいますよ。

だれにでもわかりやすく、3ステップで解説します。

サウンドオルビス
サウンドオルビス
それでは、いってみよ〜!
解説の対象デバイス

とくに今回の記事では、キーボードのカスタマイズがメインなので、「Sculpt Ergonomic Keyboard」という名称に統一しています。

【ステップ1】Karabiner-Elements をダウンロード&インストールする

Karabiner Elements cap
Karabiner-Elementsより引用

ステップ1は、Karabiner-Elements をダウンロード&インストールしてください。

「Karabiner-Elements」のダウンロードは、こちらからどうぞ↓

【ダウンロード】キーボードカスタマイズソフト「Karabiner」

ダウンロードが完了したら、指示にそってインストールをすませてください。

ここまでで、ステップ1はおわりです。

【ステップ2】Karabiner-Elements を起動して、設定をひらく

ステップ2は、Karabiner-Elements を起動して、設定をひらきます。

「Karabiner-Elements」を起動すると、メニューバーにアイコンが表示されます。

サウンドオルビス
サウンドオルビス
メニューバーって、Mac の画面上部のことだよ。時間とか、入力切替のあるとこ!

Karabiner menu bar

メニューバーのアイコンをクリックして、パネルを表示させてください。

Preferenceをクリックして、設定画面をひらきましょう。

ここまでで、ステップ2はおわりです。

【ステップ3】キーカスタマイズする

ステップ3は、Karabiner-Elements でキーカスタマイズしていきます。

いよいよ、Mac で「Sculpt Ergonomic Keyboard」が、本領を発揮しますよ。

サウンドオルビス
サウンドオルビス
もうすこし、がんばれ!
Karabiner Elements 設定画面の見方
Karabiner Elements 設定の見方1

  • Simple modifications:タブを選択状態
  • Target device:Microsoft Nano Transceiver v2.1(Microsoft)を選択

Karabiner-Elements の設定画面がひらいたら、上記のように設定してみましょう。

複数のキーボードを使っていないなら、「Target device:Full all devices」でも OK ですよ。

それでは、設定の仕方を説明します↓

Karabiner2

まず ① Add item を、クリックしてください。

つづけて ② 空欄がでるので、キーカスタマイズを設定していきましょう。

Karabiner3

左側の「From key」は、「Sculpt Ergonomic Keyboard」で設定したいキーを選べます。たとえば、動作しない左側の「Ctrl キー」なら「left_control」をえらんでください。

右側の「To key」は、Mac のキーボードでいうと、どのキーに割りあてるのかを選べます。たとえば、「left_command」を選ぶと、「From key」で設定した動作しない左側の「Ctrl キー」に、「⌘ command キー」を割り当てることができるようになります。

使い方のイメージ

Karabiner e fromimage

日本語的なイメージとしては、「From key」を「To key」にする!って感じですね。

わたしが実際に使っている設定例は、次の見出し「Mac で使う Sculpt Ergonomic Keyboard!わたしなりの「Karabiner-Elements」設定例」で公開しています。

それでは設定がすんだら、画面左上の赤いバツボタン をクリックしてください。

とくに保存のボタンはありませんので、そのまま設定が適用されるはずですよ。

ここまでで、ステップ3はおわりです。以上で、Sculpt Ergonomic Keyboard のような Windows キー配列のキーボードを、Mac で使う方法の解説は終了です。

Sculpt Ergonomic Keyboard を Mac で使う「Karabiner-Elements」設定例

わたしの「Karabiner-Elements」設定例!
From keyTo key
applicationfn
PCキーボードの無変換キー英数キー
PCキーボードの変換キーかなキー
left_controlleft_command

Sculpt Ergonomic Keyboard を、Mac でつかうにあたって、わたしなりの設定例です。

とてもシンプルですが、Mac でもエルゴノミクスキーボード「Sculpt Ergonomic Keyboard」を、ストレスなく使えるようになりました。

とくに、親指で「無変換/変換 キー」をおして、日本語入力と英語入力のきりかえができると、めちゃくちゃ便利です!ぜひお試しください。

さらに、「Function keys」タブで、ファンクションキーの設定も変えられる機能など、「Karabiner-Elements」は機能満載ですよ!

サウンドオルビス
サウンドオルビス
いろいろ試して、カスタマイズしてみてくださいね!

Karabiner-Elements の詳しい使い方について

Karabiner eye

Karabiner-Elements の使い方について興味をもったあなたに、おすすめの記事があります。

さらにくわしく「Karabiner-Elements」のインストール方法や設定などの使い方を、わかりやすく解説させていただきました。

あわせて、こちらの記事もごらんください↓

【関連】「Karabiner」の使い方。Windows配列のキーボードを使うソフト

Sculpt Ergonomic Keyboard って、使いづらいの?

Sculpt Ergonomic Keyboard for bussines

もしかして、Sculpt Ergonomic Keyboard って...「使いづらいのかも?」って、疑問に感じていませんか?

助手くん
助手くん
カスタマイズソフト導入とか、ちょっと手間がかかるのかぁ...
助手ちゃん
助手ちゃん
買う意味あるのかなぁ...
その悩みを、ふきとばすほどメリットがあります!
サウンドオルビス
サウンドオルビス

実際につかってみなければ、この使いやすさは感じられないかもしれません。それでも、2016 年からのヘビーユーザーのわたしだからこそ、お伝えできる「何か」がある。

だからこそ、Sculpt Ergonomic Keyboard(for business)について、その良さを徹底的に語った記事をご用意しました。

まだ悩んでいる方は、ぜひレビュー記事もあわせてみてください↓

【関連】Sculpt Ergonomic Keyboard 徹底レビュー!使いづらいって本当?

まとめ

まとめの画像

Sculpt Ergonomic Keyboard のような Windows 配列のキーボードを、Macで使う方法を解説させていただきました。

だれでも簡単に3ステップでまとめてみましたが、できましたでしょうか?フリーソフトを使って無料でできるので、ありがたいですよね。開発者さまに、感謝です。それでは、あらためてやり方をまとめると、こんな感じです↓

Sculpt Ergonomic Keyboardを、Macで使う方法
  • 【ステップ1】Karabiner-Elements をダウンロード&インストールする
  • 【ステップ2】Karabiner-Elements を起動して、設定をひらく
  • 【ステップ3】キーカスタマイズする

ステップ1から試す方は、こちらからどうぞ→「Karabiner-Elements をダウンロード&インストールする

ステップ1からよみなおして、Windows キー配列のキーボードを、Mac でもストレスなく使えるようになりましょう。

ちなみに、「Sculpt Ergonomic Keyboard」以外の Windows キー配列のキーボードでも利用できはずですが...デバイスによって動作が異なる恐れがあります。あくまでも、自己責任にておこなってください。

それでは、今回の記事があなたのキーボードライフの参考になりましたら、うれしいです。今回は、この辺で!? そのほか、エルゴノミクスキーボード 「Sculpt Ergonomic Keyboard レビュー記事」も書いていますので、あわせて読んでみてください!

サウンドオルビス

3,522,526 views

サウンドテック・ラボ編集部兼ライター。「音楽×テクノロジー」をキーワードに、毎日記事を更新中。DTM音楽制作のハウツーや最新情報で、あなたの「やってみたい!...

プロフィール

ピックアップ記事

カテゴリ内の記事