【無料】Serenityでヒーリングミュージック制作が捗る!!

プラグイン・ソフト音源・ツール

ヒーリングミュージックって、素敵ですよね。睡眠、瞑想、集中したいときの BGM にぴったりです。あのパッドのサウンドって、すごく特徴的なんですよね、

もし、あのヒーリングサウンドの音を、だれでも手軽に、しかも無料で奏でることができるとしたら?ほしくないですか!?あるんですよ、その名も...

SERENITY

無料でつかえるヒーリング系サウンドソフトウェア音源なんです。これさえあれば、だれでもヒーリング音楽を作ることができちゃいます。というわけで今回は、Quiet Music の無料ソフトウェア音源「SERENITY」をチェックしていきます。

無料のヒーリングサウンド制作用ソフトウェア音源「Serenity」とは

Serenity とは、Quiet Music がリリースしている無料のソフトウェア音源のことです。DAW にソフトウェア音源としてたちあげることで、MIDI で演奏することが可能になります。

主な特徴は、24bit / 96kHz のフィールドレコーーディングから作成された6レイヤーの高品質環境音、Deepmind アナログシンセサイザーで作成された4レイヤーのパッドサウンドとテクスチャー。ざっくりとその他特徴をあげると、こんな感じ↓

  • 3 pads
  • 2 texture
  • 5 field recordings
  • Built-in reverb
  • High pass & low pass filter
  • LFO controls
  • Multi Outputs
  • ADSR controls
  • Win & Mac
  • 32 & 64 bit
  • Catalina Support

Serenityは、10種類の異なるサウンドレイヤーに基づいて構築されています。ほんと、1音鳴らすだけでもリラックスできる環境を演出することができちゃいます。各サウンドに、DAW でマルチ出力できる機能がついており、マシンパワーの節約だってできちゃいますよ。

Quiet Music とは?

Quiet Music site
Quiet Musicより引用

Quiet Music は、さまざまな視点でリラックスできる音楽を提供し、休息、睡眠、リラックス、勉強、瞑想、散歩、または読書を提供することを目的として生まれたデベロッパーさんのようですね。リラックスした音楽やアンビエント音楽のオーディオビジュアルプロデューサー向けのツールも提供してくださっています。

YouTube チャンネルの開設は、2020/05/18 になっていましたが、2020年8月10日現在のチャンネル登録者数 1600 人以上となっており、期待の高まるデベロッパーさんとちたところでしょうか?

動画のコメント欄も賑わっているので、知るひとぞ知るデベロッパーさんなのかもしれません。詳しいことがわかり次第、追記していきます。

【公式サイト】Quiet Music

Quiet Music「Serenity」の互換性

Quiet Music「Serenity」の互換性について、ふれていきましょう。

「Windows」「Mac」の両方に対応しています。Mac は、カタリナもサポートしているので、ありがたいですね、ビットは、「32&64ビット」OK です。

プラグイン形式は、Windows では、VST3 に対応しています。Mac なら AU Instrument です。私の Mac 環境で、Logic Pro X から起動できました。参考までに!!

Quiet Music「Serenity」の価格

Quiet Music「Serenity」の価格は、無料です。

再配布は認められていませんので、インストール時によめる利用規約をしっかり読んでおくようにしましょう。

Quiet Music「Serenity」の使い方

Quiet Music「Serenity」の使い方について、さくっと解説していきますね。

ダウンロード方法

Serenity dl01

【製品ページ】Serenity - Quiet Music

ダウンロード方法を解説していきます。まずは、上記の製品ページを開いてください。公式の製品ページのなかほどにあるDWONLOAD SERENITY をクリックしてください。

Serenity dl02

「Serenity」をダウンロードするための商品カートページに移動しました。2020年8月10日時点でわたしが試した段階では、無料ですのでご安心ください。同じように試してみてください。

Serenity dl03

一番下までページをスクロールして、「公平な価格を設定してください:」という右側の空欄に0 を記入します。

カートページにも「THIS PLUGIN IS 100% FREE, JUST ENTER 0 IN THE BOX」と書いてあるので、「0」を入力すれば OK なことがわかります。それでは、これが欲しいです! をクリックしてください。

Serenity dl04

ニュースリリースの購読が必須のようです。無料で使わせていただけるなら、こちらからお願いしたいですよ。「あなたのEメールアドレス」に入力したら、手に入れるをクリックしてください。

「Your purchase was successful!」のページがでてきたあとに、Quiet Music の共有ドライブに移動します。Google ドライブでダウンロードをする必要があります。

ダウンロードの方法は、Mac・Windows どちらかのフォルダをダブルクリックしてひらきます。そのあとに、ZIP 形式のファイルがありますので、右クリックでダウンロードしてあげてください。詳しくは、ファイルをダウンロードする - iPhone と iPad - Google ドライブ ヘルプをご覧ください。

Serenity dl05

ダウンロードが完了すると、「SERENITY v1.0.0 MAC VST-VST3-AU」という ZIP ファイルが保存されます。ここまでで、「SERENITY」のダウンロード方法の解説はおわりです。

インストール方法

追記予定

環境音は、鍵盤お低いところでコントロールで可能

SERENITY c1 f1

Quiet Music「Serenity」の環境音は、ピアノロールのノートC-1からF-1でコントロールできますよ。通常の MIDI 鍵盤ですと、低い音にトランスポーズしないとダメですね。音の配置はこんな感じです↓

  • C-1:虫の音
  • C#-1:鳥の鳴き声
  • D-1:小雨、ホワイトノイズ
  • D#-1:雨の音
  • E-1:波の音
  • F-1:水の音

MIDI で入力しちゃえば OK ですね!

Quiet Music「Serenity」で、デモ曲作ってみました!!

Quiet Music「Serenity」で、デモ曲を作ってみました。今回のデモサウンドでは、ドラムの音以外は、すべて Quiet Music「Serenity」 で音作りをしたものになっています。それでは今回も、デモサウンドを作った編集長にインタビューしてみましょう!


--インタビュアー

おつかれさまです。オルビス先生。今回のデモサウンドを作ってみて、いかがでしたか?

--サウンドオルビス

記念すべき2回目だっていうのに、情緒もへったくれもないはじまりかただね。でもまぁ、そういうとろこもここのメディアっぽくていい感じよね笑。

さて、今回のデモサウンドなんだけれど、正直びっくりしたよ。

--インタビュアー

どんなところに、びっくりしたんですか?

--サウンドオルビス

まず、ドラムの音以外はすべて、「Serenity」で作っているんだけど、とにかくパッドの音の豪華さに驚かされたよ。めちゃリッチだし、アンビエント系というか、ヒーリングサウンドで鳴らしたい!と皆が思うようなサウンドを、ワンタッチで出せちゃうんだ。

6レイヤーで環境音を重ねられるし、4つのパッドレイヤーはすべてマルチ出力できるしさ。かといって難しいそうはいらないのよ。シンプルでいいから、とにかく使いやすい。ベースの音や、声のようなサウンドも、DAW 付属のエフェクトを使えば、かなり作り込めちゃう。

それがなんと、無料だよ?これ、持ってないひとは損してるかもしれないよ?って、ぜひ教えてあげたくなっちゃったよ。ハハハッ////

--インタビュアー

ありがとうございました。

--サウンドオルビス

インタビューの終わり方、けっこうバッサリいくのね。笑


YouTube に動画を公開しているので、ぜひチェックしてみてくださいね!

まとめ

Quiet Music「Serenity」の紹介まとめ
  • 「Serenity」とは、無料のヒーリングサウンド制作用ソフトウェア音源
  • Quiet Music とは、リラックスした音楽やアンビエント音楽のオーディオビジュアルプロデューサー向けのツールを提供するデベロッパー
  • 使い方は、Quiet Music「Serenity」の使い方を再度チェック!!
  • Quiet Music「Serenity」の互換性は、Mac・Windows 両方対応。VST・AU 大丈夫!!
  • 価格は、無料!! 再配布は、ダメですよ!
  • オリジナルデモ曲は、サウンドテックラボの YouTubeチャンネル をみてね!!

Quiet Music「Serenity」について、ご紹介させていただきました。まとめると、上記のような感じです。

記事を書きはじめてから、デモサウンドを作りはじめたんですよ。無料だから期待していなかったのですが、これが予想をはるかに上回る仕上がりでした。おもわずクリエイティブを刺激されて、動画まで作ってしまいましたよ。笑

この思い、公式までとどけ!!!さてさて、今回はこの辺で!?

サウンドオルビス

3,398,071 views

サウンドテック・ラボ編集部兼ライター。「音楽×テクノロジー」をキーワードに、毎日記事を更新中。DTM音楽制作のハウツーや最新情報で、あなたの「やってみたい!...

プロフィール

ピックアップ記事

カテゴリ内の記事