トレンドマイクロのURLチェッカー「Site Safety Center」の使い方

この記事のURLとタイトルをコピーする
WEBツール

トレンドマイクロのURLチェッカー「Trend Micro Site Safety Center」の使い方を、解説していきます。

前回、セキュアール(SecURL)で1回目の危ないサイトのURLを、チェックしてみました。

というのも、迷惑メールが届いたんですよ。

ちょうど有名動画サイトの規約が変更されたということで、センシティブな時期だったんです。

Meiwaku mail

普段なら怪しいと判断して見向きもしないのに、これが本物だったらどうしよう?って思うタイミングってありますよね。笑

というわけで今回は、危ないサイトのURLをチェックしてくれるトレンドマイクロのURLチェッカー「Trend Micro Site Safety Center」の使い方をまとめてみました。

【使い方】トレンドマイクロのURLチェッカー「Trend Micro Site Safety Center」【3ステップ】

「Trend Micro Site Safety Center」の使い方を、3ステップで解説します。

使い方はとてもかんたんなので、さくっとおぼえてしまいましょう。

【ステップ1】「Trend Micro Site Safety Center」にアクセスする

ステップ1は、「Trend Micro Site Safety Center」にアクセスします。

したのボタンから、Trend Micro Site Safety Centerにアクセスしてください↓

【ステップ2】URLをチェックする

Trendmicro ssc1
画像:Site Safety Center操作画面より。
編集:サウンドテックラボ

ステップ2は、URL をチェックします。

  1. チェックしたいURLを、コピペで貼り付ける
  2. 今すぐ確認をタップ

URL のチェックが始まりますので、ちょっとだけ待ちます。

あっという間におわるので、つづけてステップ3に進みましょう。

【ステップ3】安全性の評価を確認する

Trendmicro ssc2
画像:Site Safety Center操作画面より。
編集:サウンドテックラボ

ステップ3では、チェックしたURLの安全性の評価を確認します。

今すぐ確認をタップすると、トレンドマイクロによる web サイトの安全性の評価がでてきました。

トレンドマイクロでは、「安全」という評価になりましたね。

もうすこし、下までスクロールしてみましょう↓

Trendmicro ssc3
画像:Site Safety Center操作画面より。
編集:サウンドテックラボ

するとこんな感じで、分析の詳細がでてきます。

よくみると、「URL先のカテゴリが分類できない」や、「同ドメインは以下のサイトで疑わしいと判断されたコンテンツが存在」となっているため、ちょっと不安かもしれません。

というわけで、ここまででトレンドマイクロのURLチェッカー「Site Safety Center」の使い方の解説はおわりです。

URLを入力して、確認するだけなのでとても簡単ですね!

つぎの見出しでは、安全性の見方についていっしょに確認していきましょう。

安全性の見方について

Trendmicro ssc4

Trend Micro Site Safety Centerより引用

「Trend Micro Site Safety Center」の評価には、つぎの4つがでてきます。

「Trend Micro Site Safety Center」の評価について
  • 安全
  • 危険
  • 不審
  • 未評価

さらに、アクセス先のサイトのカテゴリなども判断してくれます。

リンク先にアクセスして、みたくないものを阻止することもできるので、まずは URL をチェックするクセをつけるといいかもしれません。

安全以外は、アクセスしない!

「安全」以外の評価はアクセスしないほうが、経験上いいと思います。

基本的にネットやパソコンに、あまり詳しくないなら絶対に!

なぜなら私の話ですが、中学生のころ。

家族のパソコンで、見知らぬリンクをひらいてしまったんです。

すると...

パソコンを再起動しても、広告がずっとでっぱなしになったことがありました。

Σ(゚д゚lll)

むかしのことをを思い出して、冷や汗がすごい。笑

っとまぁ、ひとつの指標ですが、安全以外はアクセスしない!と決めておけば、危険から身を守ることができると思いますよ!

まとめ

トレンドマイクロのURLチェッカー「Site Safety Center」の使い方を、かんたんにまとめてみました。

変なURLをクリックして、危ない目にあわないために、トレンドマイクロの無料のURLチェッカーをおぼえておきましょう。

ただ安全という結果がからなずしも、安心とはいえません。

複数の URL チェックサービスを活用することを、おすすめします!

もちろん、トレンドマイクロさんのチェック力は、まちがいありません。たださらに安心を高めるために、複数のサービスを使いましょう!という感じです。

なので、ほかにも URL チェックツールをまとめてみました。あわせて定番ウイルスソフトの URL チェックツールを併用してみてください↓

URLチェックで、サイトの安全性がわかる無料サービス5選

関連する記事

この記事のURLとタイトルをコピーする
記事へのお問い合わせ

サウンドオルビス

1,884,960 views

悩みからの解放宣言!!「音楽」と「テクノロジー」の悩みを解決するために、情報発信しています。現在「モバイルDTM」といえば、サウンドオルビス!!って言われるような記事をたくさん書いています。

プロフィール