• HOME
  • DTM機材
  • SONY MDR-CD900ST ウレタンリングを交換する方法

SONY MDR-CD900ST ウレタンリングを交換する方法

DTM機材

「SONY MDR-CD900ST のウレタンリングって、どうやって交換するの?」って疑問を、サクッと解決します。

ウレタンリングを交換することで、パーツがへたることが原因の音質劣化を防ぐことができますよ!!

というわけで今回は、SONY MDR-CD900ST のウレタンリングを交換する方法を、動画と画像で説明していきます。

簡単!!SONY MDR-CD900ST ウレタンリングを交換する方法

SONY MDR-CD900ST ウレタンリングを交換する方法を、解説します。

YouTube 動画でも確認できるので、あわせてごらんください。動画を補足する形で、写真でもご紹介しますね。

SONY MDR-CD900ST ウレタンリングの外し方

Uretanring rekka

SONY MDR-CD900ST ウレタンリングの外し方を、解説します。

SONY MDR-CD900ST のイヤーパッドを外すとみえてる丸いリングが、ウレタンリングですよ。

Uretanring hazusikata1

ウレタンリングと接着シールを、ゆびではさむようにしてひっぱります。

劣化したウレタンは、ぼろぼろ崩れやすいので注意です!

Uretanring hazusikata2

けっこう、気持ちよく粘着シールが剥がれてくれます。そこまで、強い粘着ではないのかもしれません。

Uretanring hazusikata3

はい!こんな感じで、ウレタンリングが外れたらオッケーです。左右のドライバーユニットから、ウレタンリングを外しましょう。

ここまでで、ウレタンリングを外す方法の説明はおわりです。

SONY MDR-CD900ST ウレタンリングをの取り付け方

Uretanring tukekata1

SONY MDR-CD900ST ウレタンリングをの取り付け方を、解説します。

新品のウレタンリングを、用意してください。

Uretanring tukekata2

新品のウレタンリングも、粘着テープになっています。台紙から、外してください。

Uretanring tukekata3

新品のウレタンリングを、ドライバーユニットにくっつけましょう。

このときに、黒い円のはしにあわせると、失敗せずに貼り付けることができますよ!

Uretanring tukekata4

位置もあわせて、くっつけたら...剥がれないように、軽めにおしましょう。

ワンポイントアドバイス

中央の部分はくり抜くところなので、あまりおさえなくてオッケーです。リング部分だけを、剥がれないようにおしてくださいね。

Uretanring tukekata5

新品のウレタンリングの中心を指でつまんで、ゆっくり剥がしてください。

中心部分だけ、くり抜く形になりますよ。

ワンポイントアドバイス

Uretanring tukekata6

中心を剥がしているときに、リング部分まで剥がさないように気をつけてくださいね。

Uretanring tukekata7

仕上げに、リング部分をくっつけるために、しっかり押し込んでください。

Uretanring tukekata9

はい!できました。ウレタンリングが新品になって、かなりふわふわになっています。

ぜんぜんむずかしくないので、初心者でもサクッとできちゃいます。SONY MDR-CD900ST を長く使うためのおすすめメンテナンス方法ですね。

ここまでで、SONY MDR-CD900ST のウレタンリングの付け方の解説はおわりです。

ウレタンリングとは?

Uretanring rekka

ウレタンリングとは、SONY MDR-CD900ST のイヤーパッドを外すと、ドライバーユニットのまわりについているリング部分のことです。

ドライバーユニットと耳の間にあるパーツなので、音質にも影響する部分ですね。素材は、ウレタンでできています。

ウレタンリングが劣化すると、どうなるの?

ウレタンリングが劣化すると、音質劣化を感じる場合があるようです。

ドライバーユニットの音の振動が伝わる部分のパーツなので、ヘタって硬さや厚み、高さが変わるので、当然音質に影響がでてきますよ。

ウレタンリングを交換すると、音質が改善する

SONY MDR-CD900ST のウレタンリングを交換すると、音質の改善ができます。

自分でウレタンリングを交換してみると、「音像感や音との距離の広がりが改善した!」というのを感じました。

さらに「低音の動きがよくわかるぞ!」ってことも、あわせてお伝えしたいです。

サウンドオルビス
サウンドオルビス
ボロボロのパーツを交換すれば、音の振動の伝わり方がかわるわけですよ。音質改善するのは、あたりまえか汗

経年劣化したウレタンリングを、あなたもチェックしよう!!

Uretanring tukekata8

経年劣化した SONY MDR-CD900ST のウレタンリングを、ぜひあなたもチェックしてみてください。

SONY MDR-CD900ST の重要なパーツであり、ここが汗や湿気で経年劣化することで、ボロボロになってしまうんです。

7年ほどつかってみて、はじめてチェックしてみたら...手で触っただけで、ボロボロ崩れてしまいましたよ汗。

むずかしいメンテナンスではないので、どなたでもトライできますよ!

まとめ

SONY MDR-CD900ST ウレタンリングを交換する方法まとめ
  • イヤーパッドを外す
  • ウレタンリングを、粘着シールといっしょに指でつまんで剥がす
  • 新品のウレタンリングを、台紙から剥がす
  • 新品のウレタンリングを、ドライバーユニットに貼り付ける
  • 新品のウレタンリングの中心だけを、取り除く
  • 仕上げに新品のウレタンリングが外れないように、しっかり押し付ける
  • SONY MDR-CD900ST のウレタンリング交換完了!

SONY MDR-CD900ST ウレタンリングを交換する方法を、解説させていただきました。

7年使ってみて、イヤーパッドが破れてしまったので、いっしょに交換してみましたよ。見た目はへたってなさそうだったのですが、触ってみたらボロボロ崩れたのには、びっくりしました汗。

サウンドオルビス
サウンドオルビス
ぜひ、トライしてみてくださいね!

それじゃあ、今回はこの辺で!? 「SONY MDR-CD900ST レビュー記事」や。ヘッドホン系の記事も書いていますので、あわせてごらんください!

サウンドオルビス

3,507,112 views

サウンドテック・ラボ編集部兼ライター。「音楽×テクノロジー」をキーワードに、毎日記事を更新中。DTM音楽制作のハウツーや最新情報で、あなたの「やってみたい!...

プロフィール

ピックアップ記事

カテゴリ内の記事