stand.fmアプリの録音方法【実際にやってみた!】

音声配信

「Stand.fmで音声配信してみたいんだけど、どうやって録音すればいいの?」って疑問を、解決していきます。

はじめて Stand.fm(スタンドエフエム)のアプリをさわった人のなかには、録音のやり方がよくわからないという人もいるのではないでしょうか?

この記事では、実際にスタエフのアプリを使ってレコーディングした様子を、3つのステップで1つずつご紹介していきます。だれでも、挑戦できる内容となっていますので、参考にしてみてください。

というわけで今回は、Stand.fm(スタンドエフエム)アプリで、録音する方法について解説します。

Stand.fm アプリで、音声を録音する方法【3ステップ】

動画:Stand.fm で実際に録音してみた様子(Size: 160KB)

Stand.fm(スタンドエフエム)アプリで、音声配信コンテンツを録音する方法について解説します。

Stand.fm(スタンドエフエム)アプリは、iPhone・Andorid 向けのアプリがリリースされています。ちなみに、2021年7月20日現在パソコン・webからは音声を配信することはできない仕様となっています。

まずはアプリケーションを入手していただいた上で、記事で紹介する3ステップをお試しください。上記に掲載した動画でも、今回の3ステップの内容をチェックできますので参照してみてください。それでは、いってみよ〜!

アプリのダウンロードはこちら
stand.fm - 音声プラットフォームアプリ

stand.fm - 音声プラットフォームアプリ

stand.fm, inc.無料posted withアプリーチ

【ステップ1】Stand.fm の収録ボタンをタップ

Standfm rec1 2

ステップ1は、Stand.fm の収録ボタンをタップしましょう。

Stand.fm アプリを起動したら、アプリ画面下中央のマイクアイコンをタップしてください。

Standfm rec2

収録 を、タップしましょう。

ここまでで、ステップ1「Stand.fm の収録ボタン」の作業は完了です。

【ステップ2】録音ボタンをタップ

Standfm rec3

ステップ2は、録音ボタンをタップしましょう。

ステップ1の収録ボタンをタップすることで、Stand.fm(スタンドエフエム)アプリの収録画面が表示されます。今回の検証では、iPhone・Android に搭載されている内蔵マイクでレコーディングして聞きますよ。

それでは、収録画面の中央下にある 録音ボタンを、タップしてください。

Standfm rec4

録音ボタンが「 四角い録音停止アイコン」に変化したら、iPhone・Andorid の内蔵マイクに向かって、リスナーに対して話しかけてください。

波形が表示されていたら、収録されている合図ですよ。波形が大きいほど、十分な音量で録音されている証なので参考にしながらレコーディングしていきましょう。

ここまでで、ステップ2「録音ボタンをタップ」の作業は完了です。

【ステップ3】録音停止ボタンをタップ

Standfm rec5

ステップ3は、録音停止ボタンをタップしましょう。

トークが終わったら、アプリ画面の中央下にある 録音停止ボタンをタップしてください。

Standfm rec6

録音ボタンに戻り、波形の表示がストップしたら録音が停止している合図です。

画面下アイコンの先頭へ再生の順にタップすることで、録音した音声を確認することができますよ。ステップ3までの流れが、基本的なStand.fm(スタンドエフエム)アプリの録音方法になっています。

ここまでで、ステップ3「録音停止ボタンをタップ」の作業および、Stand.fm アプリの録音方法にいての解説は終了です。

収録したラジオ音声は、編集してから公開しよう!

収録した音声を公開するには、リスナーの皆様が聞きやすくなるように、無音部分をカットしたり、BGM を追加したり、編集を加える必要があります。

ご安心ください。Stand.fm(スタンドエフエム)のアプリ内で、サクッと編集することが可能です。詳しいやり方については、「stand.fm アプリで収録した音声を、編集して聞きやすくしよう!」を参考にしてみてください。

Stand.fmアプリの録音方法お役立ちTIPS

Stand.fm(スタンドエフエム)アプリの録音方法について、お役立ちTIPSをご紹介いたします。

すでにご紹介した「Stand.fm アプリで、音声を録音する方法【3ステップ】」は、1発ドリなどのレコーディング方法に適した収録方法になります。

基本を抑えたら、応用的な録音方法を実践することで、さらに手の込んだラジオ・音声配信番組を作ることができるようになりますよ。それでは、1つずつみていきましょう。

1.追加で音声を録音する方法

動画:音声を追加で録音している様子(Size: 86KB)
追加で音声を録音する手順
  • 録音ボタンをタップ ▶︎ 停止ボタンをタップ
  • 波形に表示されている縦のラインを、一番後ろにする
  • 改めて、録音ボタンをタップ

Stand.fm(スタンドエフエム)アプリで、追加で音声を録音する方法を、ご紹介します。詳しいやり方と手順は、上記の動画とリストをご確認ください。

Stand.fm(スタンドエフエム)アプリには、再生ヘッダを追加で録音したい波形の場所に合わせて、録音ボタンをタップすることで追加で音声を録音できる機能が備わっていますよ。

「追加で音声を録音する方法」は、音声が上書きで録音されてしまうのでご注意ください。上書きされないように、必ず再生ヘッダの位置が、波形の一番後ろにあることを確認することをおすすめしています。

2.音声の途中から録音する方法

動画:音声データの途中に、インサートで録音している様子(Size: 143KB)
音声の途中から録音する手順
  • 編集をタップ
  • 挿入をタップ
  • 点線の録音ヘッダを、挿入録音したい場所に移動する
  • 録音ボタンをタップする
  • 録音が終わったら、録音停止ボタンをタップ
  • 確定をタップ

Stand.fm(スタンドエフエム)アプリで、音声の途中から録音する方法を、ご紹介します。詳しいやり方と手順は、上記の動画とリストをご確認ください。

Stand.fm(スタンドエフエム)アプリには、録音した音声と音声の間に、追加する形でレコーディングすることができます。上書きされる録音方法だけではないので、とても高機能なんですよ。

よほど1発どりではない限り、トークテーマを見出しごとに分割しているはずです。そんなときに、チャプター1とチャプター3の間に、チャプター2を録音し忘れたなんてときに役立つ方法ですので参考にしてみてください。

3.外付けマイクの「いい音」で、レコーディングする方法

Standfm iphone usbmic02

stand.fmにマイクを接続して収録する方法【3ステップ】
  • 【ステップ1】マイクを準備する
  • 【ステップ2】スマートフォンとマイクを接続する
  • 【ステップ3】stand.fm の収録機能で録音する

Stand.fm(スタンドエフエム)アプリに、外付けマイクを認識させて「いい音」で録音する方法を、ご紹介します。詳しいやり方と手順は、上記の動画とリストをご確認ください。

Stand.fm(スタンドエフエム)アプリの標準搭載されている収録機能で、外付けマイクの音を録音することができます。例えば、USBコンデンサーマイク・端子直挿しマイク・オーディオインターフェイス接続のマイクなどです。

iPhone 付属のマイクから、より聞きやすい音質にレベルアップしたい人はぜひ参考にしてみてください。また必要な機材ややり方については、別記事を参照してみてくださいね。詳しいことは、こちらからどうぞ↓

【関連】stand.fmに、マイクを接続して収録する方法

Stand.fmアプリで、収録した音声を「下書き保存」する方法

Standfm rec6

Stand.fmアプリで、収録した音声を「下書き保存」する方法について解説します。

Stand.fm(スタンドエフエム)のアプリ内で収録した音声は、あとから編集を加えたり、後日公開できるように、下書きに保存しておく機能がありますよ。

ステップ3までの録音が完了した状態で、アプリ画面右下の下書きをタップしてください。

Standfm rec7

「下書きのタイトル」ウィンドウが、表示されます。エピソードの仮タイトルを入力して、保存をタップします。

Standfm rec8

「下書きに保存しました」と表示されたら、OKをタップしましょう。

Standfm rec1 2

すると、Stand.fm(スタンドエフエム)のアプリのホーム画面や、プロフィール画面に戻ってしまいます。ですが、びっくりしなくても大丈夫です。ちゃんと、下書きに保存されていますよ。それでは、下書きに保存されたエピソードを、見つけにいきましょう。

アプリ画面下中央のマイクアイコンを、タップしてください。

Standfm rec2

収録 を、タップしましょう。

Standfm rec3

stand.fm(スタンドエフエム)の収録画面が表示されたら、画面右下の 下書き をタップしてください。

Standfm rec12

「下書き」が表示され、今まで stand.fm(スタンドエフエム)で収録して、下書きに保存した音声がリスト表示されますよ。

再編集や追加で録音したいことがあるエピソードタイトルを、タップしてみましょう。

Standfm rec13

するとこんな感じで、下書き保存した続きから、編集や録音を再開することができるようになります。

「下書き保存」は、外出先でレコーディングした音声を、自宅に帰ってきてからじっくり編集してアップロードするときに便利なので覚えておきましょう。

ここまでで、収録した音声を下書き保存する方法についての解説は、終了です。

stand.fm アプリで収録した音声の編集方法

stand.fm アプリで収録した音声を、編集して聞きやすく調整しましょう。

stand.fm(スタンドエフエム)の魅力ポイントの1つに、初心者でもわかり安い編集機能があります。録音した音声を「カット・削除、BGM付・外部音源の追加」など、わかりやすいユーザインターフェイスで編集をすることができますよ。

当メディアでも、最近は外部音源ではなく、stand.fmの収録機能を使って音声配信コンテンツをアップロードするようになっています。それだけ実は、効率的な機能なんですよ。詳しい編集方法については、別記事でまとめております。ぜひあわせてこちらの記事をご確認ください↓

【関連】stand.fm(スタエフ)アプリで、音声を編集する方法

録音した音声を、公開するには?

動画:stand.fmアプリで音声を公開している様子(Size: 765KB)
公開までの流れ
  • 収録画面右上の次へをタップ
  • 画面中央右の3つのボタンをタップして、サムネイルを設定
  • 「タイトル・カテゴリ・放送の説明」を入力する
  • 画面右上の確認をタップ
  • 公開範囲「全体に公開 or URL限定公開」いずれかをタップ
  • 画面右上の投稿をタップ
  • 「公開が完了しました」が表示されるまでアプリを閉じないようにする
  • 「放送を公開しました」がでたら公開完了

stand.fmで音声を公開する方法について、ご紹介します。編集せずに1発どりの音声データを公開する場合には、上記の動画と手順リストを参考にして スタエフの音声プラットフォームに公開設定をしていきましょう。

記事「stand.fmの使い方【配信者が解説!!】」でも詳しく取り上げていますので、細かなポイントについて補足情報が必要な場合にはチェックしてみてください。

まとめ

Stand.fm アプリの録音方法まとめ

※ 全体の流れがわかったら、ステップ1から挑戦してみましょう。リンクをクリックで、記事の上部に移動できます。ぜひご利用ください。

Stand.fm アプリの録音方法について、解説させていただきました。

まずは基本の録音方法を、押さえておきましょう。スマートフォンの内蔵マイクでレコーディングすることから、音声配信コンテンツパーソナリティへの道ははじまります。引き続き、外部マイクで録音するやり方や BGM の追加方法など情報を追記していきますので、お楽しみに!!

それじゃあ、今回はこの辺で!? ほかにも、stand.fm(スタンドエフエム)の使い方について解説しています。あわせてこ、こちらの記事をどうぞ↓

【関連】stand.fmの使い方【配信者が解説!!】

サウンドオルビス

5,900,462 views

サウンドテック・ラボ編集長兼ライター。「音楽×テクノロジー」で、あなたの「やってみたい」をお手伝いします。人生にドラマを!!

プロフィール

ピックアップ記事

カテゴリ内の記事