「T-RackS Space Delay」名盤を支えたテープ・エコーがリリース

DTMニュース

IK Multimedia さんから、新作のエフェクトプラグインが誕生しました!

そのプラグイン名は、「T-RackS Space Delay」

なんとも、宇宙規模で響き渡りそうな名前ですね。

Roland® RE-201 Space Echo™ を忠実に再現したというコンセプトで、2020 年 7 月 16 日にリリースされました。詳しくは、ニュースリリースをご覧ください。

2020 年 9 月 15 日までは、期間限定優待価格€79.99(税別) / 9,590円(税込)で入手可能にななっていますので、お見逃しなく!

期間限定優待販売終了まであと 37 日間
サウンドオルビス
サウンドオルビス
数えきれない名盤で、使われているエコー・マシンらしいぞ!

というわけで今回は、伝説的なプラグインを、あなたの楽曲に取り入れるチャンスです。しっかり、チェックしていきましょう。

T-RackS Space Delay とは

20200713 tr space delay news 2x

IK Multimedia の「T-RackS Space Delay」は、「Roland® RE-201 Space Echo™」の暖かみのある特徴的なサウンドと、扱いやすいコントロールを再現した T-RackS プラグインです。

数えきれないほどの名盤で使われているエコー・マーシン Roland® RE-201 Space Echo™ のアナログ・テープ・ディレイ、スプリング・リバーブのキャラクター、サウンドを、忠実に再現しているとのこと。

Roland® RE-201 Space Echo™ って、なに?

Roland® RE-201 Space Echo™ は、1974年から1990年まで製造されていた音楽機材です。

「3基のプレイバック・ヘッド、可変スピード・モーター、そしてスプリング・リバーブを内蔵し、プレイバック・ヘッドの組み合わせや位置を変更することで、12種類のエコー / リバーブのモードの切り替えに対応」といった特徴があり、ボブ・マーリやプンク・フロイド、レディオヘッドといった、名だたるアーティストが使用していたとのこと。

サウンドオルビス
サウンドオルビス
これは、まだに伝説的な機材だね!

T-RackS Space Delay のデモサウンド

T-RackS Space Delay のデモサウンドが、YouTube および製品サイトの「オーディオ」タブで、試聴可能です。

トレイラー動画もいいですが、ぜひ製品ページのデモを聞いて、名盤を支えたテープ・エコーの貫禄を感じてみましょう。

T-RackS Space Delay の互換性

T-RackS Space Delay の互換性は、以下のようになっています↓

  • Mac® (64-bits)・Intel® Core™ 2 Duo, 4 GB of RAM (8 GB suggested), macOS 10.9 or later・Audio Units, VST 2, VST 3, AAX.
  • Windows® (64-bits): Intel® Core™ 2 Duo or AMD Athlon™ 64 X2, 4 GB of RAM (8 GB suggested), Windows® 7, Windows® 8 or Windows® 10. Requires an ASIO compatible sound card・VST 2, VST 3, AAX.

くわしくは、製品ページの[スペック]タブをごらんください。

しかし、Audio Units と VST に対応していれば、ほぼ問題ありませんね!

T-RackS Space Delay の価格

T-RackS Space Delay の価格は、以下のようになっています↓

  • 通常価格:€99.99(税別) /100 Gear Credits/ 11,990円(税込)
  • 期間限定優待価格€79.99(税別) / 9,590円(税込)※2020 年 9 月 15 日まで

期間限定優待価格は、いわゆるイントロプライス価格ですね。

気になる人は、このタイミングで手に入れておきましょう。

「T-RackS Space Delay」名盤を支えたテープ・エコーがリリースのあとがき

名盤を支えたテープ・エコー Roland® RE-201 Space Echo™ が、プラグイン「T-RackS Space Delay」となって帰ってきたぞ!って、DTM ニュースでした。

Space Echo をエミュレートしたものって、ほかにも存在しているようなので、興味のある人は調べてみるといいかもしれませんよ。

助手くん
助手くん
名盤に使われてたっていうと、ワクワクしますね!
助手ちゃん
助手ちゃん
名だたるアーティストが、凄すぎます!
かなり心にグッとくる、テープエコーサウンドかも!
サウンドオルビス
サウンドオルビス

それじゃあ、今回はこの辺で!? ほかにも、おしゃれによむ DTM ニュースをお届けしています。毎朝のコーヒーのおともに、いかがでしょうか?

【関連】DTMニュース アーカイブ | サウンドテック・ラボ

サウンドオルビス

3,068,725 views

サウンドテック・ラボ編集部兼ライター。「音楽×テクノロジー」をキーワードに、毎日記事を更新中。DTM音楽制作のハウツーや最新情報で、あなたの「やってみたい!...

プロフィール

ピックアップ記事

カテゴリ内の記事