TASCAM「iXZ」徹底レビュー。初心者はマジで買って損はなし!!

TASCAM「iXZ」
この記事のURLとタイトルをコピーする

「TASCAM の iXZ って、いまから音楽をはじめるひとが買っても、大丈夫なの?」って疑問を、解決していきます。

どうも、モバイル DTM の専門家をめざすサウンドオルビス(@soundorbis)です。サウンドテックラボの管理人をしています。

スマホのイヤホンジャックに接続する「iXZ」って、ひときわ目出す存在なので...気になりますよね?ちなみに、TASCAM の「iXZ」って、これのこと↓

TASCAM「iXZ」!

「iXZ」とは、老舗メーカー TASCAM さんから販売されている、マイク&ギターインターフェイスのことです↓

イヤホンジャックに接続するだけで、ダイナミックマイク・コンデンサーマイク・ギター・ベースといった楽器をレコーディングできる定番製品です。

iPhone・Android といったスマートフォンに、イヤホンジャックをとおしてつかえるオーディオインターフェイスとして一斉を風靡したといっても過言ではない製品です。

オーディオインターフェイスのなかでも、安価で手軽に入手できることから、まず TASCAM「iXZ」!という思いを持つ方も多いことでしょう。

しかし、iPhone にはイヤホンジャックがなくなってしまったり、今後 USB Type-C になっていく予想がされているなど、いまさら TASCAM「iXZ」を購入する必要はあるのだろうか?

って考えてしまう人もいるのではないでしょうか?そんなあなたの疑念を吹き飛ばすために、いまから購入する人でも安心して変える話を、この記事ではご紹介していきたいと思っていますよ。

というわけで今回は、モバイルデバイスで DTM・歌ってみたする人必見の...TASCAM「iXZ」を徹底レビューしていきます!

TASCAM「iXZ」を、おすすめしたい6つの徹底レビュー

レビュー画像

TASCAM「iXZ」について、おすすめしたいと思う6つ底レビューを、ご紹介させていただきます。

お伝えしたいレビューは、つぎのとおりです↓

6つのレビュー
  • 外観・見た目
  • 付属品
  • コントロール部分をレビュー
  • ヘッドホン端子
  • 接続方法
  • レコーディング・録音音質

この記事のレビューをよめば、はじめてのモバイル DTM・歌ってみた・レコーディングに、「iXZ」が、最適かも!?ってことがわかりますよ。買わない理由が、なくなります。

管理人
管理人
くわしく、みていきましょう〜!

1.外観・見た目をレビュー

Ixz 上部画像

ひとつめは、外観・見た目をレビューしていきます。

うえからみると、「TASCAM iXZ」のロゴが、めちゃくちゃカッコよくないですか?

Ixz 正面

まずは正面から。メインのコントロール部分が、わかりやすく配置されています。ひだりから「XLR マイク/ギター端子・モード切り替え・ファンタム電源スイッチ・インプット音量調整」になっています。

コントロールの詳細については、「コントロール部分をレビュー」でくわしく解説します。

Ixz 右側
Ixz 左側

左右からみてみましょう。プラスチック素材なんですが、それを感じさせないクールさがあります。素材感を、デザインがカバーしているすばらしい製品です。

右側からみえると、乾電池をいれる電池カバーがみえますね。電池交換は、「iXZ の使い方記事」で解説予定ですので、おまちください!

Ixz 後ろ側

後ろ側から、みてみましょう。搭載されているのは「3.5mm イヤホンジャック」「3.5mm 4Pミニプラグケーブル」の2つです。

iPhone と接続すると、少々短さを感じますが...ギターやマイクでレコーディングするだけなら、iPhone 持ち上げることはないので、あまり問題にはなりませんね。

管理人
管理人
TASCAM「iXZ」の寸歩・重量をみていきましょう↓
iXZ の寸歩について
  • 外形寸法:106×40×45mm(幅×高さ×奥行き)
  • 質量:93g(電池含まず)

とにかく、コンパクトで軽いんですよ。小さいからこそ、モバイル DTM や、屋外でのレコーディングにぴったりなんdねす。

iPhone やパナソニックのカラオケ用マイクと比較すると、こんな感じです↓

Ixz 大きさの参考画像

TASCAM「iXZ」の小ささが、よくわわかりますよね。どんな場面でも、ちょっとカバンの中にいれておけば、降ってきたアイディアをすぐにイイ音でレコーディングできちゃいますよ。

ちいさいのにおしゃれなデザインの「iXZ」は、価格以上のコスパを感じる見た目をしています。安いけど、ちゃっちぃの?って疑問なら、「そんなことないよ!」って教えてあげたいです!

2.付属品をレビュー

Ixz 化粧箱

ふたつめは、付属品をレビューしていきます。

音楽機材の化粧箱がとどくと、いつもワクワクしちゃいますよね!さて、なかをあけて付属品をだしてみましょう↓

iXZ の付属品

Ixz 付属品の画像

  • iXZ 本体
  • 単三乾電池×2
  • 説明書(マニュアル)

ネットからでも説明書を、読むことができますよ。

【公式マニュアル】「iXZ Owner’s Manual

単三電池迄までついてくるので、届いたその日から使用することができますね。こういう気遣いが、うれしいんですよ。ちなみに、付属の電池は充電式ではないので、まちがえて充電しないように、注意です!

3.コントロール部分をレビュー

Ixz コントロール部分

みっつめは、コントロール部分をレビューしていきます。

シンプルで、ほんとうに最低限のコントロール機能が詰まったデザインになっています。TASCAM「iXZ」のメイン部分ですね。左から順番に、こんな感じ↓

TASCAM「iXZ」のコントロール部分
  • XLR/TSコンボジャック:(マイク/ギター入力)
  • 録音モード切り替えスイッチ:マイク入力とギター入力の切り替え
  • ファンタム電源スイッチ:コンデンサーマイクに給電する
  • インプットボリューム:接続したマイクの音声入力レベルの調節

録音モード切り替えスイッチは、「OFF・ギター・マイク」とアイコンがあって、わかりやすいです。

ファンタムスイッチは、初心者には「いつ使うの?」って感じですが、コンデンサーマイクを接続したときとおぼえておけばいいでしょう。

インプットボリュームは、エレキギター接続だと反応しない仕様なのは、はじめての人にはむずかしいかもしれません。

管理人
管理人
ここで、気をつけてほしいことがあります!

たとえば、ギター・マイクを交互に接続するときに、操作をまちがえると...不適切な電気が機材にながれて、最悪故障なんてこともあります。

そうなるまえに、しっかり使い方を確認しておきましょう。ひとつずつコントロール部分について、くわしく解説していますので、TASCAM「iXZ」の使い方の記事を参照してください↓

【関連】TASCAM「iXZ」の使い方|コントロール部分の見方

TASCAM「iXZ」のコントロールは、パッと見でわかりやすい設計です。使い方もシンプルなので、はじめての方にも安心しておすすめです。

4.ヘッドホン端子をレビュー

Ixz back ヘッドホン端子

よっつめは、ヘッドホン端子をレビューしていきます。

TASCAM「iXZ」 のヘッドホン端子は、後ろ側にありますよ。

そして iXZ のヘッドホン端子、けっこうギタリストやキーボーディストの方は、気になるポイントですよね。

管理人
管理人
そうです。遅延があるのか?気になりますよね!?

Ixz earpods conect

じっさいに、iXZ に iPhone の付属イヤホンを接続して、ギターやキーボードをレコーディングしてみました。その結果...

ヘッドホン端子の遅延は、気にならない!

という個人的な結果になりました。

曲をつくるために、さくっとレコーディングする範囲なら、「問題ありません。」プロの演奏者ではないで、ガチプロは気になる可能性も捨て切れませんが...

DTMer がギターをレコーディングするぐらいなら、ぜんぜん気にならないですよ!

Ixz another headhone

「3.5mm イヤホンジャック」です。iPhone の付属イヤホンのような一般的なものとお考えください。「AKG ( アーカーゲー ) / K271MK2」のように、3.5mm イヤホンジャックのヘッドホンも接続できます。

SONY MDR-CD900ST のようなフォーン端子は、直接接続できないのでご注意ください。ですが、使う方法がありますのでご安心ください。

たとえば、CLASSIC PRO (クラシックプロ)の「ASN212」のような 3.5mm ステレオミニジャック変換をつかえば、6.3mm の太い TRS フォンタイプのヘッドホンを接続できますよ。


【サウンドハウスで、確認する↓】

CLASSIC PRO ( クラシックプロ ) / ASN212
CLASSIC PRO ( クラシックプロ ) / ASN212


iXZ のヘッドホン端子の音量は、iPhone の音量ボタンで大きくすることができます。爆音なで大きくはならないかなぁ...。とくに、インピーダンスの高い高級ヘッドホンだと、性能をいかしきれないかもしれません。

インピーダンスとは、電気抵抗のことですね。「Ω(オーム)」という単位で、みかけますよね。インピーダンスの数値で、気をつけたい関係性はこちら↓

インピーダンスと音の関係性
  • 高い=ノイズが小さくなる
  • 高い=音量が小さくなる
  • 低い=ノイズが大きくなる
  • 低い=音量が大きくなる

参考:ヘッドホンのインピーダンスとは?高い・低いとどうなる?

iPhone 付属のイヤホンって、だいたい 32Ω(オーム) らしいです。AKG (アーカーゲー)の「K271MK2」は、55Ω なので...ちょっと、音が小さくなりますね。高級ヘッドホンの部類に入るSENNHEISER(ゼンハイザー)の「HD650」は、300Ω なので、ご使用のヘッドホンのインピーダンスを確認して接続してください。

まぁ、ほとんどのイヤホンはインピーダンスも 50Ω(オーム)ぐらいだと思いますので、気にしすぎなくても大丈夫だと思いますよ!

あとは、ヘッドホンの解像度などを求める方は、iPhone・iPad でつかえる本格的なオーディオインターフェイスの導入をお考えください。あくまでも、iPhone の出音がそのまま流れているだけですからね。

iXZ をためして嬉しかったのは、ヘッドホンでのモニタリングに遅延を感じないことですね。

5.接続方法をレビュー

Ixz 接続の仕方の図

よっつめは、接続方法について、レビューしていきます。

TASCAM「iXZ」との接続に、イヤホンジャックと iXZ 本体の接続ケーブルを接続するだけです。

Lightning(ライトニング)搭載の iPhone・iPad では、「Lightning - 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ」をつかって接続します。iPhone など買ったときに、付属しているやつですね!

iXZ の接続ケーブルのかたさと比較して、「Lightning - 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ」がとてもやわらかいんです。だから、iPhone を持ちながら使用するときは、ちょっと怖さを感じることもあります。

といっても、iXZ を使うときはレコーディングがメインなので、両手には楽器を持っていたり、鍵盤のうえにあるはずですよね。iXZ と iPone は固定しておければ、まったく問題ありません。

ワンポイントアドバイス
Lightning - 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタとの接続部分をさわると、「ガリッ!!」ってノイズが入る場合があります。だから、iXZ を使うときは、なるべく iPhone を持って操作しない方がいいですね。すごくシビアなわけじゃないけれど、間違ってさわって接続部分が回ってしまうと、ノイズが入りやすいので注意してください。

サウンドテックラ・ボでは、TASCAM「iXZ」が、iPhone や Android 端末と、どのように接続するのか検証した記事をご用意しました。

これからはじめて、スマホやタブレットでギターの録音や、歌のレコーディングに挑戦してみたい方のために、わかりやすく写真おおめで解説しています。あわせて、こちらの関連記事をどうぞ↓

【関連】TASCAM「iXZ」の使い方|接続方法について

コンパクトで、手軽につかえる TASCAM「iXZ」。さいごは、いよいよ気になる音質について、レビューしていきます↓

6.レコーディング・録音音質をレビュー

むっつめは、レコーディング・録音音質をレビューしていきます。

基本的な iXZ の音質については、まったく問題ないと思いますよ。とくに、エレキギターとシンセサイザーを録音するにあたって、ノイズもほとんど感じないところは、この価格帯なら大満足ではないでしょうか!!!

言葉だけで音質を語っても仕方がないので、TASCAM「iXZ」で録音した、エレキギター・シンセサイザーの生音と、加工後の音を掲載させていただきます。ぜひ、参考にしてみてください↓

※ レコーディングした音をつかって、実際にデモを1曲作ってみました。記事の後半にありますので、先に聞きたい方はこちらをクリック→「TASCAM「iXZ」で作った、オリジナルデモ曲

iXZ でレコーディングしたエレキギターの音

【エレキギター加工前】

【エレキギター加工後】

iXZ でレコーディングしたシンセサイザーの音

【シンセサイザー加工前】

【シンセサイザー加工後】

管理人
管理人
ねっ!?文句のつけようがないでしょ?

これだけコンパクトなボディなのに、予想以上の音質でレコーディングできるんです。はじめて使ったときに、おどろきのあまり叫んじゃいましたよ。「スゲ〜って。笑」

コンデンサーマイクをつかった、ラジオ収録・歌ってみたの音質については、後日追記していきますので、お楽しみに!

そうそう。レコーディング中は、ギターの音やマイクの音を遅延を感じずに「モニタリング」できるので、ご安心を!

ただGarageBand iOS のモニタリング方法が、初心者だとわかりづらいところにかくれています。わかりやすく解説しているので、わからないかたはこちらを関連記事を参照してください↓

【関連】TASCAM「iXZ」の使い方|DAW でモニターする方法

TASCAM「iXZ」で録音した音、レコーディングの音質を気にしている方は、まったく問題ないのでご安心ください。初心者にこそ、まずおすすめしたい!

TASCAM「iXZ」で作った、オリジナルデモ曲

【Soundcloud デモ曲ページ】TASCAM「iXZ」を使って,1曲作ってみた! by soundorbis

さいごに、TASCAM「iXZ」を使った、オリジナルデモ曲を作ってみました。

エレキギターと、シンセサイザーの音は、すべて TASCAM「iXZ」でレコーディングしています。使用記事は、こちら↓

デモ曲の使用機材
  • TASCAM「iXZ」
  • Roland XP-10
  • BLITZ BY ARIAPROII ( ブリッツバイアリアプロツー ) / BLP-CST White エレキギター
  • iPhone XS Max
  • GarageBand iOS
  • マスタリング Logic Pro X

TASCAM「iXZ」の購入に迷う理由は、いくつかあると思います。

価格、コンパクトなボディ、ノイズ、使用感など...それでもきっと、デモサウンドレベルのレコーディングなら、初心者にとって満足できるのではないでしょうか?

管理人
管理人
iXZ 仲間がふえることを、お待ちしております。

TASCAM「iXZ」の使い方を、まとめてみた!

DSC04339

TASCAM「iXZ」の使い方を、まとめてみました!

デモサウンドは、聞いていただけましたか?がっつり、エレキギターとアナログシンセサイザーで、1曲作るうちに...わたしも、使い方がわからないことがいっぱいでてきました。

TASCAM「iXZ」の使い方リスト
  • iXZ と接続する方法
  • iXZ の鹿苑寺、 DAW でのモニタリング
  • 電池交換
  • ...など。

まだまだこれから追加予定ですが、初心者がつまづきそうなポイントを中心に、TASCAM「iXZ」について、使い方を解説させていただきました。

これから導入する方の敷居を、すこしでも下げることができたらうれしいです。使い方を知りたい方は、下記の記事からどうぞ↓

TASCAM「iXZ」 は、いまから買っても大丈夫なのか?

TASCAM「iXZ」は、いまから買っても大丈夫です!

なぜなら、イヤホンジャックにつなぐだけという簡単な設計で、手軽にレコーディングできるメリットは、TASCAM「iXZ」ならではだからです。

iPhone から、「3.5mm イヤホンジャック」が搭載されなくなったことで、TASCAM「iXZ」のようなモバイル DTM 系のアクセサリを、これから購入するのって気がひけるかも...なんて、わたし自身も思っていました。

しかし、実際に購入してみて思ったのは...「ぜんぜん、アリじゃん!」って印象だったんですよ。とにかく、シンプルに接続できるのがいいです。

ほかのオーディオインターフェイスのおおくの場合、「Apple Lightning - USB 3カメラアダプタ」を挟む必要がありますし、iXZ と同じぐらいの予算が必要になってしまうので、はじめてのスマホレコーディングには、敷居が高くなってしまう印象です。

iPad Pro の場合でも、「USB-C - 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ」があるので気軽にレコーディングできちゃいます。

2020年4月16日に発表された iPhone SE 第2世代からも、イヤホンジャックはなくなってしまったことで...ますます、いまから買っても大丈夫?って声が聞こえてきそうですが!

iPhone XS Max でつかっているユーザーとしては、これだけコスパのいいマイク/ギターインターフェイスなら、買ってから悩んだほうが、人生有意義かもな?って感じの結論に落ち着いております。

買おうかどうか、悩んでいる人は、参考にしてみてください。

まとめ

まとめの画像

TASCAM「iXZ」について、徹底レビューさせていただきました。まとめると、こんな感じです↓

この記事のまとめ
  • 外観・見た目:プラスチック素材だが、デザインがいいからチープさを感じない
  • 寸法・重量:コンパクト&軽い!持ち運びに最適!
  • 付属品:乾電池も付いてて、お得!
  • コントロール部分:わかりやすい!INPUTボタンはXLRプラグ接続のみ
  • ヘッドホン端子:遅延を感じない!インプーダンス低めのイヤホンで使おう!
  • 接続方法:スマートフォン・タブレットで、手軽に接続できていい!
  • レコーディング・録音音質:デモサウンドを参照。初心者 DTMer や、はじめての歌ってみたなら、本気でおすすめ!

いや〜、TASCAM「iXZ」...初心者はマジで買って損はなし!!って太鼓判を推したいギター/マイクインターフェイスですよ。

とくにモバイル DTM をはじめるなら、とにかく手に入れておいて欲しいです。さらに、音楽にのめりこみそうになった時に、本格的なオーディオインターフェイスを導入!って流れで、まったく問題ないです。

iPhone もコネクタさえつかえば、すごく簡単に接続できるから、悩まなくても大丈夫。ほんと、イチオシです。

今回の TASCAM「iXZ」レビュー記事が、あなたのオーディオインターフェイス選びの参考になりましたら、幸いです。

管理人
管理人
それでは、今回はこの辺で!?

そのほか、iPhone・iPad でつかえるオーディオインターフェイスについてまとめた記事があります。本格的に DTM 音楽制作をはじめる方にも、おすすめの1台が見つかるはずですよ!

気になる方は、こちらの記事もあわせてごらんください↓

【関連】iPhoneに接続できるおすすめオーディオインターフェースまとめ

関連する記事

この記事のURLとタイトルをコピーする

サウンドオルビス

2,582,167 views

「音楽」と「テクノロジー」をキーワードに、あなたの「やってみたい!」悩みを解決するために、情報発信しています。

プロフィール
記事へのお問い合わせ