USB-C対応オーディオインターフェイスまとめ

オーディオインターフェイス
この記事のURLとタイトルをコピーする
USB-C 対応のオーディオインターフェースがほしい!

って疑問を、解決してあげましょう。

変換ケーブルをつかえば、USB-C 対応のオーディオインターフェイスじゃなくても使える場合もあります。

ですが予算があれば、USB-C 対応オーディオインターフェイスに乗り換えたいところです。

というわけで今回は、 USB-C 対応オーディオインターフェイスをご紹介しましょう。

USB-C 対応オーディオインターフェイスまとめ

M-Audio - M-Track 2X2

安価でハイレゾまで対応するおすすめモデル
スペック早見表(メーカーサイト)
接続方式USB-C端子採用・USB-A、USB-Cケーブル付属・USBバスパワー駆動
入力/出力XLR+1/4"バランス・コンボ入力端子・ハイインピーダンス専用1/4”入力端子の2系統の入力端子/ ステレオ1/4" TRSバランス出力端子、ヘッドホン端子
付属ソフトXpand!2・Strike・Mini Grand・Creative FX Collection・Pro Tools | First
対応デバイスWindows 7(32/64bit)以上、Mac OS X 8以上、USB 2.0またはUSB-C端子
備考欄MIDIインターフェイス機能なし。24bit/192kHz対応(24bit A/Dコンバーター)。
M-Audio M-Track 2X2 のポイント
さすが庶民の味方 M-AUDIO ですよ。価格もリーズナブル!ただ!ただ!安いのにめちゃくちゃ品質が高いんです。実際に買ってみたレビューは、こちらの記事をごらんください→M-AUDIO M-Track 2X2レビュー!安いのに長く使える

M-Audio - M-Track 2X2M

安価でMIDI機能つきのおすすめモデル
スペック早見表(メーカーサイト)
接続方式USB-C端子採用・USB-A、USB-Cケーブル付属・USBバスパワー駆動
入力/出力外部MIDIデバイスを接続可能な、5ピンMIDI入出力端子・XLR+1/4"バランス・コンボ入力端子・ハイインピーダンス専用1/4”入力端子の2系統の入力端子/ ステレオ1/4" TRSバランス出力端子、ヘッドホン端子
付属ソフトXpand!2・Strike・Mini Grand・Creative FX Collection・Pro Tools | First
対応デバイスWindows 7(32/64bit)以上、Mac OS X 8以上、USB 2.0またはUSB-C端子
備考欄MIDIインターフェイス機能あり。24bit/192kHz対応(24bit A/Dコンバーター)。
M-Audio M-Track 2X2M のポイント
「M-Audio M-Track 2X2」に、MIDI 端子がついているバージョンです。MIDIインターフェイスを別で用意しなくていいので、便利ですよ。個人的には、Bluetooth で MIDI キーボードを接続しているので、できるだけ安くしたい場合は、無印も検討しましょう。

FOCUSRITE - CLARETT 2 Pre USB

アナログ2IN-4OUTオーディオインターフェイス
接続方式「USB-C - USB-A ケーブル」・「USB-C - USB-C ケーブル」が付属・電源ユニット付属・【公式ヘルプ】USBバスパワー駆動(15W出力ポートのみ)-
入力/出力マイク、ライン、楽器のコンボ XLR ソケット入力×2・ADAT拡張機能×1・ヘッドホン端子×1 / 4つのライン出力
付属ソフトXLN Audio「Addictive Keys」・Focusrite「 Red Plug-in Suite」・Softube「Time and Tone Bundle」・Focusrite「Plug-in Collective」・Ableton® – Live Lite™・Loopmasters「2GB of royalty-free sample libraries」・Focusrite Control・Brainworx bx_console Focusrite
対応デバイスWWindows / Mac
備考欄MIDIインターフェイス機能あり。119dBのダイナミックレンジで、低ノイズの24ビット/ 192kHzコンバーター搭載。
Clarett 2 Pre USB のポイント
ピアノ音源「Addictive Keys」が、無料で含まれるって初心者は大助かりですよ。低ノイズ・超ローレイテンシーで、長く使えるオーディオインターフェイスになること間違いなし!M-Audio - M-Track 2X2シリーズと、真っ向勝負になる製品。赤い外装が、目をひきますね。

FOCUSRITE - Clarett 4 Pre USB

アナログ8IN-4OUTオーディオインターフェイス
接続方式「USB-C - USB-A ケーブル」・「USB-C - USB-C ケーブル」が付属・電源ユニット付属
入力/出力マイク、ライン、楽器のコンボ XLR ソケット入力×4・1/4インチ TRS ジャックソケット×4・ADAT拡張機能・ヘッドホン端子×2 / バランス1/4インチ TRS ジャック出力×4 / RCA ソケット×2
付属ソフトXLN Audio「Addictive Keys」・Focusrite「 Red Plug-in Suite」・Softube「Time and Tone Bundle」・Focusrite「Plug-in Collective」・Ableton® – Live Lite™・Loopmasters「2GB of royalty-free sample libraries」・Focusrite Control・Brainworx bx_console Focusrite
対応デバイスWWindows / Mac
備考欄MIDIインターフェイス機能あり。119dBのダイナミックレンジで、低ノイズの24ビット/ 192kHzコンバーター搭載。
M-Clarett 4 Pre USB のポイント
入出力端子が最大18in8outもあれば、この価格帯でこれだけの性能があるなんて...充分すぎます。バスパワー駆動ではないので、電源ケーブルが増えてしまいますが...ハイクオリティなDTM環境のためには、甘んじて受けいれるべきポイントでしょう。付属ソフトの豪華さも、選ぶメリットになりますよね!

2016年にUSB-C規格統一がはじまった

2016年にUSB-C規格統一がはじまった

USB-C対応のオーディオインターフェースをえらぶ理由は、2016年に Macbook Pro のポートが USB-C のみ搭載になったからでした。

その時点までにも、USB-C 搭載パソコンはありました。しかし、これがはじまりでした。Apple の規格統一に、DTM 界隈がにぎわったことはわすれもしません。

ただ統一されたことで、従来のUSBより便利になったと感じています。詳しくは、関連記事をどうぞ↓

【関連】2016年以降のMacBook Proはダメだと騒ぐDTMerに朗報です

まとめ

2018/08/18 に調べなおしていますが、増えましたね〜。

執筆当時は「M-Track 2X2 シリーズ」のみでしたからね。

USB-C が業界標準になるのが確定しているのか、高額 USB-C のオーディオインターフェイスのラインナップが充実してきました。

安い価格の選択肢が増えることを、願っております。

そのほか、オーディオインターフェイスについては、こちらの記事をどうぞ↓

【関連】オーディオインターフェイスおすすめ!超絶まとめ【2020年】

関連する記事

この記事のURLとタイトルをコピーする

サウンドオルビス

2,585,040 views

「音楽」と「テクノロジー」をキーワードに、あなたの「やってみたい!」悩みを解決するために、情報発信しています。

プロフィール
記事へのお問い合わせ