YouTube動画などの音声を保存する方法、調べてみました

この記事のURLとタイトルをコピーする
YouTube

YouTube の聞き流しは、車や電車の移動中など勉強系コンテンツでとても便利です。

音声だけならスマホ画面を見なくていいので、歩きスマホ対策にもなります。

というわけで今回は、YouTubeを音声だけ保存しておく方法を、調べてみました。

YouTubeなどの動画を、音声だけ保存する方法

YouTubeを音声だけ保存する方法は、つぎの3つです。


iPhone の場合

iPhone では、「画面収録」で必要な箇所だけ保存できます。

調べた結果は、こちらをどうぞ↓


スマホの場合

アンドロイドで音声を保存する場合は、内部音声を取るために必要な機材があるようです。

調べた結果は、こちらをどうぞ↓



パソコン(PC)・Macの場合

Windows パソコン(PC)・Mac では、音声を録音するフリーソフトがあります。

調べた結果は、こちらをどうぞ↓


MP3音声は、容量が小さい

MP3Smallerを利用することで、録音した音声の容量を、小さくすることができます。

mp3音声形式なら、動画サイズの1/30で保存しておくことができます。ざっくりとした参考値を、のせておきます↓

mp3音声形式YouTube動画
再生時間5分5分
音声ビットレート256kbps256kbps
動画ビットレートなし9000kbps
フレームレートなし59.97
ファイルサイズ9.6MB339MB

ライブ配信ぐらいの動画ビットレートで、計算してみました。ほぼ 400MB が、音声だと約 10MB にまで小さくなります。

mp3 の 256kbps は、Apple Musicとおなじなので、高音質の部類になります。

動画よりも、音声ファイルの方がとても小さいということがわかります。


動画コンテンツの録音は、違法になる?

YouTubeなどの動画を録音するのって、違法になるかも?って、不安になりますよね。

基本的に、違法アップロードされたものはアウトです。

気になる方は、こちらの記事をどうぞ↓

まとめ

YouTube動画などの音声を保存する方法、調べてみました。

くれぐれも個人利用の範囲を、守っていただけますと幸いです。

2018年11月14日より、YouTube Premiumがスタートしました。YouTubeの公式アプリで、バックグラウンド再生するなら、そちらをご検討ください。

そのほか、YouTubeに関する記事は、こちらをどうぞ↓

この記事のURLとタイトルをコピーする
記事へのお問い合わせ

サウンドオルビス

1,440,423 views

あなたの問題を解決するために、情報発信をしています。悩みからの解放宣言。「音楽」「テクノロジー」が得意分野です。

プロフィール
  1. この記事へのコメントはありません。

ブログについて

「サウンド」「テクノロジー」をキーワードに、最新情報・商品レビュー・ハウツー講座・噂・小技など、個人で稼ぎたいクリエイターが役立つ情報を集めたメディアです。
Soundtech-Labo とは?

NEW POSTS